無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

楽屋
照side
今は、terminalの楽屋の前にいる。
ziyuちゃん(あなた)に会うために、そして、真実を知るために。

「行くぞ、」
SnowMan
「うん、」
コンコン
メンバー
「はーいどうぞー」
SnowMan
「失礼します。」
あなたside
嘘だろ、なんでSnowManが来るんだよ!
、、、、まさか、バレてる?とか?←ええその通り。←ネタバレすな。
やばい、どうしよう。
目黒side
あなたちゃん、目逸らしてるのバレバレっす!
あなた
「| ˙꒳​˙)」

「ziyuさん居ますか?」
メンバー
「はーい、ziyu〜」
ziyu
「はーい。」
メンバー
「私達席外すねー」
あなたside
え?!ちょ?!
ちょっと待てよォ←木村さん風


ねぇー外さなくていいから!!
こんなヤツらとの会話に席外すことないから!!←めっちゃ失礼。

「あなた、」
ziyu
「あなた?誰ですか?」
阿部
「あなたなんでしょ?」
違うよ!いや、そうだけど!


てか、めっちゃふっか見てくるんだけど。←
何?惚れちゃった?←
深澤side



やっぱり、あなた癖出てる。
深澤
「ねえ、あなたなんでしょ?ホントのこと言ってよ。」
ziyu
「ですから、あなたさんって誰ですか?」
しぶといな。
深澤
「あなた、いつもの癖出てる。」
ziyu
「?!」
深澤
「あなた、嘘つくと、いつも髪の毛触るよね、あなたなんでしょ?」
あなた
「はぁ、わかっちゃったかぁー」
やっぱり。
翔太
「あなた〜(泣)(ギュ」
あなた
「ちょ、翔太、」
翔太
「会いたかった(泣)会いたかった(泣)(泣)」
あなた
「ハイハイw(ヨシヨシ」
涼太
「なんで急に居なくなったの?」
あ、舘様いいやがった。

イケボで、
あなた
「それはね?」