無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

you所属当時
あなた
「ううっ、泣」
いつも、いつもいじめを受けてた、

男の子や男の人だから私より数倍力が強くて…
深澤
「あの、、」
あなた
「ビクッ」
深澤
「あ、ごめんっ」
涼介
「ごめんね!こいつ身長でけぇし怖ぇよな!笑」
あなた
「え、えっと、」
涼介
「あ!ごめんごめん!俺は山田涼介!君より先輩だよ!」
深澤
「俺は深澤辰哉!涼介と同期!いつもいじめられてたよな、ごめんな、助けられなくて…」
あなた
「涼介さんに深澤さん…!よろしくお願いします!」
この当時は学生で、何もかもが新鮮だった。
そこから、どんどん私たちは仲良くなっていった、






涼介
「あなた!辰哉!」
あなた
「?どうしたの?涼介くん」
深澤
「どうした?」
涼介
「俺デビュー決まった!」
あなた
「うそ!」
深澤
「おめでとな!」
涼介
「おう!お前らも頑張れよな!」
あなた
「あったりまえ!」
深澤
「山田より人気になるから!笑」









深澤
「………」
あなた
「どうしよう、」
深澤
「みんなデビューしてる、しかも、俺がいるグループ全部壊れて言ってる……」
あなた
「ふっか、、今度こそ!大丈夫だから!」
深澤
「おう。」
あなた
「うん、…」















SnowMan結成!!
あなた
「ふっか!やったよ!同じグループだよぉ!」
深澤
「やったな!!このままデビューに持って行けたらいいけど…」
あなた
「大丈夫だよ!!」
深澤
「そうだな!」
阿部
「俺もいるんですけどー。」
あなた
「あ、あべちゃん?だっけ?」
阿部
「そうそう!ふっかの同期!」
あなた
「阿部ちゃん!よろしく!絶対デビューしようね!」
阿部
「うんっ!」
















楽しい時間を過ごしていたら…
あなた
「ガン?」
医師
「そうです。」
あなた
「もう、ステージに立つことは出来ないんですか?!」
医師
「治療を怠らなければ、ですが、2年ほど、入院が必要かと…」
あなた
「そうですか…」










そこから、私は、SnowManから、ジャニーズ界から姿を消し、terminalのziyuとして活動。