無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第136話

拝啓~SixTONES(京本・森本)~
きょもちゃんへ

きょーもきょーもきょもyouはきょも!笑
きょーもちゃんっ!
きょもちゃんさぁ、私が死んでも北斗と仲良くしてね?笑
私がきょもほく好きだからよく2人をくっつけさせてたけどさ。いい?!北斗を私だと思って!

私はきょもちゃんに尊敬しています!
きょもちゃん全てがいいからさ、全部尊敬してるんだけど、個人的に1番尊敬してるのはやっぱり歌かな〜!
私ねぇ〜きょもちゃんの美声が会場いっぱいに広がるのが大好きなんだ!
そして、外見みたいに可愛くない身長。
外見も中身もめちゃめちゃ可愛いのに、何よその身長。
私と並んだら私きょもちゃんに踏みつけられるわ。

そして、きょも、貴方はもう売れてるけど、もっと売れると思うよ!
ミュージカルも出演してるし、ジャニーズっていう世界的に人気のアイドル活動、役者。
きょも、貴方のいい所はたっくさん。
まだ自分でも見つけられてない隠れてるまだ伸びる長所があるかもしれない。
それを活かして、これからの活動を頑張っていって欲しいな!

貴方になら出来ます!
絶対に!だから、私より大きくなって私を悔しがらせてください!笑
京本
「ビックになるから、泣 見ててよね泣笑」
しんたろーへ

しんちゃん!
あんたの昔のあの可愛さはどこへ行ったのやら。
まじでジャニーさんの言うとうりだと思う。
昔の可愛さはどこに置いてきたの。
そして、そのギャグ線はどこで拾ってきたの。

しんたろーとの思い出は、Jrの頃歳の近い子と遊んだのはしんたろーしかいなかったわ笑
確かずっと遊んでたよね笑
それで2人で一緒に公園に行ったらジャニーさんにyou達顔はいいんだから、連れ去られちゃうよ!山田か、深澤を連れていきな!って山田くんとふっかさん乱用されてたよね笑

じゃあ、真面目な話に行くか!

しんたろー。あんたは、絶対に、今の仲間を手放したらダメだよ。
だって、こんな良い仲間いないでしょ!
しっくりくる仲間いないでしょ!
だから、絶対にダメ。

そして、SixTONESに入ってくれてありがとう、
ジェシーの声で、集まってくれてありがとう
しんたろーがジェシーの声で集まらないで、教師の道に歩んでたら、いつもこんなに笑ってられないよ笑
しんたろーのおかげでいつも笑顔に慣れてるんだ、
ありがとう❗
めっちゃめちゃ楽しい人生だったよ!

がんばれ!しんたろー!
森本
「俺もあなたに会えてよかった…泣泣」
✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・✽・:..。o¢o。..:・
皆さんこんにちわ。
ただいま私。
正解が分かりません。
幸せって何?
優しいって何?
2人で帰って、私は邪魔者だった?
『先に行ってていいよ』って、
邪魔って意味?
それとも優しさ?
避けられてる?
嫌われた?
今とても息苦しいです。
どうすればいいですか、
また、誰も信じられなくなっちゃう…
誰か正解を教えないでください…