無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

匂わせ?!Σ(゜ω゜)
あなた
「この熱愛が出たのは、、、」
あなた
「今回は、SnowMan桜葉あなたの会見にお集まり頂きありがとうございます。今回、会見を開いた訳は、皆様も知っている通り、熱愛のことです、話に寄りますよと、相手の事務所は、認めているようですが、そのような関係は一切ありません。」
記者
「それは断言出来るんですか?」
あなた
「はい、ここで、断言出来ます。」
記者
「では、なぜこのような熱愛が出たのでしょうか、」
目黒
「ど、どうするんですか、」
あなた
「どうしよう、、」
渡辺
「はぁ、俺が相手の事務所に行って話付けてくる、あなたは、会見でも開け。」
あなた
「翔太、、」
渡辺
「照も一応来て」

「わかった」
渡辺
「あなた、頑張れよ。」
あなた
「うんっ翔太も!」
渡辺
「おう!」














あなた
「よしっ!会見開こっ!」
SnowMan残る組
「おう!」
会見
これって麻衣の名前出していいの、、?
わかんない、
あなた
「出たのは、私の友人と、飲んでいたら、たまたま、遭遇しまして、それで、△△さんが、酔い潰れてしまって、それで、私が、送りました、、」
記者
「では、そういう席に居たのでしょうか、」
あなた
「そういうことではありません。ごく普通の居酒屋です。」
記者
「では、これはデマということでしょうか」
あなた
「はい」
相手の事務所の社長
「うわっ」
△△
「やめろっ、」
記者
「(⚭-⚭ )」
あなた
「翔太!照!」
渡辺
「こいつら、認めたよ。」
あなた
「ほんと!!」

「おう!」
△△
「もぅ、俺らのこと煮おうが焼こうが好きにしろ。」
あなた
「はあ、まだ貴方をこの業界に残します。でも、今後このようなことがあったら、辞めてもらいます。
それと、社長は、新しく変えさせて貰います、」
あなた
「よし、これで会見を終わります。お集まり頂きありがとうございました。」