無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

ドッキリ!
あなた
「こんにちわ〜(ヒラヒラ
あなたで~すw」
シャキーン
あなた
「はい、今回はね、ドッキリ行いま〜すw
ドッキリはですね、私が、SnowManを脱退すると言ったら、ドンな反応をするのかドッキリ~w
じゃあ、行ってきます。」
ガチャッ
SnowMan 
「おかえり〜」
あなた
「ん、」
深澤
「ん?あなた体調悪い?」
あなた
「あ、ううん!大丈夫!w」
岩本
「でも、いつもより暗くない?」
あなた
「大丈夫だってw」
渡辺
「あなたなんか隠してる?」
あなた
「え?そんなことないよw」
宮舘
「隠してる顔してる。」
あなた
「え?」
佐久間
「あなたさ、隠し事する時、耳触る癖着いてるよ。」
あなた
「え、うそ、」
目黒
「さっき、滝沢くんに呼ばれたんすか?」
あなた
「え?なんで?」
目黒
「いや、何となく、」
あなた
「そっか、」
向井
「で、何隠してはるんですか?」
あなた
「隠してないって、」
ラウール
「嘘はだめですよ!」
あなた
「ハハッ、隠し事は、やっぱり無理かぁ、」
SnowMan
「え?」
あなた
「私、SnowMan辞める。」
SnowMan
「は?/え?」
深澤
「え?、どういうこと?」
あなた
「だから、辞める。滝沢くんから、言われたの、」
阿部
「なんて言われたの?」
あなた
「それは、教えない、」
佐久間
「何で?」
あなた
「なんでも、」
目黒
「あなたちゃん、本気で辞めるんすか?」
あなた
「うんっ、本気だよ?」
ラウール
「僕、あなたちゃんがSnowManから抜けるなら、僕も抜けます。」
あなた
「ラウールは抜けちゃダメだよ、元々紅一点なんか、必要ないし、紅一点なら、別のh」
渡辺
「紅一点は、あなたじゃなきゃ嫌だ。」
向井
「そうです!俺も、あなたちゃんじゃなきゃ、SnowManにはあなたちゃんが必要です!」
あなた
「そんな、、(泣)」
宮舘
「あなたは、永遠に、SnowManの紅一点だよ?」
岩本
「皆がこんだけ言っても決意は変わらない?」
あなた
「………、変わらないよ、」
SnowMan
「え、」
ラウール
「じゃあ僕辞める。僕も決意変わらない。」
深澤
「なら俺も、」
他の人
「俺も!/僕も!」
あなた
「(泣)皆、ほんとに、ごめぇ〜ん(泣)」
SnowMan
「ん?」
あなた
「(泣)私、脱退なんか、しないよぉ〜(泣)
ドッキリだよぉー(泣)」
SnowMan
「はい?」
数時間後
阿部
「お前さ、俺らがどんだけ心配したと思ってんの。」
あなた
「ごめんなさい(土下座」
テロップ(あなたは泣きやみました。
岩本
「ったく。もう少しましなドッキリ!思い浮かばなかったのかよ。」
あなた
「ごめんなさい。」
ラウール
「でも、ドッキリで良かったぁ、」
佐久間
「ほんとだよ!」
深澤
「心配させやがってw」
あなた
「でも、メンバーからの愛を最確認出来たから、私は、嬉しかったなぁ、」
SnowMan
「ったく。w/全くw」
あなた
「皆!だぁい好きだよ!( ﹡ˆᵕˆ﹡ )⊂(`・ω・´)⊃」
SnowMan
「ッ~.°ʚ( *´꒳))ω`,,)ギュッ♡」
あなた
「んふふ、これからも、ずっと一緒にいよーね!」