無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第121話

自分の信じる道へ
宮園
「もしもし?宮内?あぁ、そう。出してやりな。あぁ、いいんだ。ん、、じゃあ、よろしく。」
あなた
「…………。」
宮園
「はぁ、あなたちゃん。そんな怯えないで。」
あなた
「は、はい、」
宮園
「まぁ、いいや。俺らの家バレたら嫌だし。でも、まだ二人でいたいけど、まぁ、戻ろっか。楽屋に」
あなた
「は、はい…」
歩きながら宮園はこんな話を持ちかけてきた。
宮園
「あなたちゃんってさ結婚してるんだよね。」
あなた
「は、はい、」
宮園
「ねぇ、離婚して?」
あなた
「え……なんで、…」
宮園
「俺はね?あなたちゃんに愛して欲しいの。離婚はまだもう少し先でもいい。だから、俺と2人だけになろ?」
あなた
「………。私と、北斗に離婚しろと言ったら、…私は、貴方の側にはいれません、それで、離婚して、他の仲間を傷つけたくない。…なので、離婚だけは…(泣)」
宮園
「まぁ、そんなに泣くほど嫌ならいいや。」
宮園
「ほら、楽屋着いたよ!入ろ!」
あなた
「は、はい、」
ガチャ
SnowMan
「バッ  あなた!/あなたちゃん!」
宮園
「ストーップ。」
渡辺
「宮園。」
宮園
「これ以上あなたちゃんに近づかないことー。」
佐久間
「は?」
宮園
「あなたちゃんはこれから俺のそばにいてくれるんだもんね〜♡」
深澤
「何言ってんだ?」
あなた
「…………。」
宮舘
「あなたはそれで納得してるの?」
あなた
「………。」
向井
「あなたちゃん?」
あなた
「い、いいんだよ。私が決めたことだから、…」
SnowMan
「ッ……」
あなた
「ご、ごめんね、」
岩本
「ほんとにあなたはそれを願ったの?」
あなた
「!! そ、そうだよ、」
阿部
「はぁ、全く。昔。俺に自分の信じる道にいけ。他の人に紛らわされるなって言ったのは誰ですか?」
あなた
「!!」
宮園
「うるさいうるさーい。あなたちゃんはおr」
ドンッ
あなた
「私は、自分が正しいと思う方に行く。!!」
宮園
「あーあー。どうなっても知らないよ?」
あなた
「その時は私が皆を守る。」
宮園
「そんな女の子1人で何ができるの笑笑」
あなた
「女だからって舐めんな。」
宮園
「へぇ、ご主人様にそんな口叩くんだ。」
あなた
「あら、もうご主人様なんかじゃないけど?」
宮園
「どうなっても知らないからな笑笑」