無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

大丈夫…?


大晴side















病院
大晴
大晴
どうしよ…
おれあなたと同じクラスなのになんもしてやれんかった…
(千尋ちゃんとあなたちゃんと大晴くんは同じクラスという設定です)
風雅
風雅
大晴そこまで責めんといてな?
風雅
風雅
結局はモブが悪いんやしな?
恭平
恭平
そうだよ、、?
あなたも大晴くんも悪くないよ








ガラッ
けんと
けんと
あなたちゃんは!!!???
丈
はぁっはぁはぁ、、 
大丈夫…なんか?
和也
和也
あなたは????
大丈夫よな??
道枝
道枝
あなたちゃん!
はた
はた
おい…!大丈夫か?
流星
流星
あなたちゃん…🥺
恭平
恭平
お医者さんが言うにはきっと意識は戻るだろうって…
はた
はた
あぁ良かった…





そう、ほんとに良かった、、
俺あなたがいなくなったら生きていける自信が無い




医師
医師
きっと意識は戻ります。ですが後遺症が残っているかはまだ分かりません。きっと熱だけなので後遺症ないとは思いますが…一応の事を想定しておいて下さい。
丈
ッ!はい…わかりました。
千尋
千尋
ッッはぁはぁはあっ!
あなたは!!??!?




説明中
千尋
千尋
うん…きっとあなたなら大丈夫だよ…
信じてるよ
15分後






ピクっ
恭平
恭平
み、みんなっ!
い、今手が!!
和也
和也
あなた??
返事してや
わたし
わたし
ッッ!
風雅
風雅
お、おい!!
あなた!
わたし
わたし
え、、っ
ふ、うが…?
はた
はた
目を覚ました!!
はよナースコール押してや!
大晴
大晴
わ、分かりました!!
ぴっ





少しは役に立ちたいよ、あなた
もっと頼ってや





ダッダッダ
医師
医師
はぁ!どうしました!!
大晴
大晴
起きました!!あなたが…!起きました!
医師
医師
はい!今から少し体調を見て見ます、



NEXT