無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

68
2021/04/22

第10話

story10
翌日
ロボロ
行くかー
あなた
おー
トントン
なぁ…
ゾム
あ、り
ほーいいやん
ぺいんと
天才では?
あなた
ねーそこで何ブツブツやってんの?
トントン
あ、気にしないで
ロボロ
せやで
ロボロ
ほら行こー
あなた
うん!
グラウンドにて
ロボロ
さぁ、兄さんが言ってた通りサッカーボールは2個しか無かった…
あなた
どっちなんだろう…
ロボロ
まぁどっちも潰せばいいでしょ
???
ちょっと待った〜
あなた
え、犬?
ルト
また、会いましたねってまぁ違う人ですが…
ロボロ
あーあの、トントン達が言ってた犬か….
あなた
(やばい可愛い…)
あなた
( * ॑꒳ ॑*)۶"ナデナデ
ルト
( *¯ ꒳¯*)
ロボロ
可愛ええなぁ
ルト
はっ、ここでくつろぎにきたんじゃないんだ!
あなた
何しに来たの?
ルト
あぁーあることを伝えに来たんや
ロボロ
あることって?
ルト
それはだな
ルト
壊すものを間違えたらお前らそして、コネシマも死ぬ…
ロボロ
え、
あなた
マジで?
ルト
そうだ
ルト
まぁ鬼畜だと思うだろ、だからヒントをやろうと思う
あなた
お!!
ルト
ヒントは1度しか言わん
ルト
そのものはコネシマにとって楽しませてくれた存在でもあったり、生きる生きがいでもあったものだ
あなた
え、
ロボロ
尚更わからねぇ
ルト
まぁ、意外と近くにあったりしてね
ルト
ってことでまた会おう…
……To be continued