無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

76
2021/04/26

第11話

story11
一方トントンたちは…
トントン
なぁ〜教えてくれ!
ゾム
そうしたら俺たちはここから出られるんだ!
お願いだ!
コネシマ
えー
トントン
えーってなんだよ
俺たちは、コネシマの大切なものがカギということで、だったら本人に聞けばいいだろうと思い。今コネシマに聞いてる最中なんだが…
何でもするから!
コネシマ
何でもぉ〜?
ゾワッ
コネシマ
じゃあ俺を笑わせてみろ
トントン
あ〜〜ね
ゾム
ほらイケー大先生
数分後…
結果



大先生は見事にすべった
ゾム
キレイにすべったなー
コネシマ
いやーこんなに滑るとは思えないほどすべったなー
じゃ次ゾムくん!
ゾム
えー
結果だけ言おう
こいつも滑った、大先生よりも滑った
ゾム
く、くそぉ…
俺たちのライフはもうゼロだぜ…
コネシマ
ふっ
トントン
あ、こいつ笑ったぜ
コネシマ
笑ってへん!
ほんとかー?
コネシマ
じゃあ次誰か俺を笑わせてみろよ!
トントン
じゃあ最後にこのトントンという豚が笑いを届けてやるぜ!
ゾム
ふっ
トントン
お前が笑うな!
トントン
よしやるぞ
結果

うけた….
ネタの内容は….
トントン
い゛〜だだだだだ(サ〇ンのモノマネ中ー )
コネシマ
あー↑ハッハッハ〜
うけた….
ゾム
死ぬほど受け取る….
コネシマ
いやー久しぶりに見て面白かったわ
コネシマ
じゃあ約束通り俺の大切なものを言う
コネシマ
それは…


























「お前たちや…」

ゾム
え?
ガチで
コネシマ
ガチよ
コネシマ
まぁキモイて思うかもしれんが、俺はお前たちがいたから少しのあいだ聞いていられた
コネシマ
ありがとう












みんなさよなら…
……To be continued