無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

謎のルール
You
You
〔成績悪いと、隣の席の人も
一緒に怒られるっていうの〕
ホソク
ホソク
〔知ってるよ〕
You
You
〔私のノート写して〕
You
You
〔できるだけ理解しやすく書くから〕






数分後、






授業の終わりの挨拶のとき、


スっと


あなたがノートに付箋を貼って


渡してきた


挨拶が終わってすぐに僕は、


ノートをカバンと中に入れた


付箋には、



〔家に持って帰ってもいいよ〕


〔その代わり、明日には返してね〕


と書かれていたから


それに、僕があなたのノートを持っていると、


あなたがいじめられる可能性もあるしね


僕は宿舎に帰ってすぐにノートを写し始めた


























続く、、、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ケマケマ5.17
ケマケマ5.17
JC2 初めまして!ケマケマと申します! 語彙力の無い者が書いた物語ですが、楽しんで、共感して読んでもらえると嬉しいです ユンギさん強めのSIN寄りのオルペンarmyです! あなたの宝物になれますか?→休止中 どうしてこうなるんだろう→連載中 🦁🧢 🐯🥀🌸 🐬🏖 🍬🐤 🐵🌿 🌹💍🐰 💘🐰🤘 🐤*☼
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る