無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ホソクの考え事
ホソクside

もしかしてキムさんかな?



そう思いながら僕がうつむくと
ナムジュン
ナムジュン
ホバ?
誰か思い当たる人でもいたのか?
そうナムジュナが聞いてきた
ホソク
ホソク
あぁうん、ちょっとね、、、
僕はそう返事を返した


隣の席のキムさん


いつも目立ちたくないのか


自分の顔を隠したいのか


前髪にマスクで顔はあんまり見えないけど


よく考えたらルーブさんに似てる気がする


それに、心無しか


音楽の授業だけ楽しそうにしている気がする


明日少し話しかけてみようかな、、、?



















続く、、、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ケマケマ5.17
ケマケマ5.17
JC2 初めまして!ケマケマと申します! 語彙力の無い者が書いた物語ですが、楽しんで、共感して読んでもらえると嬉しいです ユンギさん強めのSIN寄りのオルペンarmyです! あなたの宝物になれますか?→休止中 どうしてこうなるんだろう→連載中 🦁🧢 🐯🥀🌸 🐬🏖 🍬🐤 🐵🌿 🌹💍🐰 💘🐰🤘 🐤*☼
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る