無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

華の編。母は私を愛していない
咲田  華
咲田 華
涼音。考えてる事、バレバレ
井麻田  涼音
井麻田 涼音
え……
咲田  華
咲田 華
私の過去なんか気にしないで。
もっとバシッと言ってよ……!!
そうじゃないと、涼音が親友じゃ無いみたいでしょ!私は、涼音が考えてる事だって……おみとうし。お願いっ!
井麻田  涼音
井麻田 涼音
華……。
そんな事ッ!出来る訳無いじゃん!
華を傷付けたくないじゃん!
咲田  華
咲田 華
いいよ……。
もう、あんな奴母親じゃ無いし。
井麻田  涼音
井麻田 涼音
なんで……!
どうしてそんな事言うの……!
華のお母さんは、華の事を誰よりも愛してるんだよ!
咲田  華
咲田 華
は?
知った口聞かないで。
お母さんは、私を愛してないし
あの人は、愛を知らないんだよ……!
井麻田  涼音
井麻田 涼音
華……
沈黙が訪れた。