無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2021/01/27

第11話

🐯
テヒョンside












俺は仕事が終わってからすぐにあなたの家に向かった。















あなたの家について、あなたに電話をした。














テヒョン
窓の外見て!
you
ま、窓?
テヒョン
早く〜
you
…はいグスッ












あの後あなたの家におじゃまして、沢山話した。
















話してる間ずっとジミナとグカに言われた事が頭の中に残っていた。















好き?










恋??












俺は、あなたが好きなのか。












いいのか?











俺は芸能人。
あなたは一般人。
ましてや、高校生。













テヒョン
……好きだよ。((ボソッ
you
え?




やばい。
あなたの事考えてたら、心の声が漏れた?
俺はあなたが好きなのか。
いや、違う…





























大好きなんだ。