第68話

68
197
2021/03/20 10:14


太我も酔っ払ってソファを1人で陣取って寝ていた。






毛布かけなきゃ…風邪引いちゃう。けど動けない…







と思っていると






フワッ






晴人
晴人
あ、達也くん。ありがと
達也
達也
ん。にしても
2人、共気持ち良さそうに寝てんな笑




達也くんが太我と真琴ちゃんに毛布をそっとかけ





座って、自分の残ってるお酒を飲み始めた。




達也
達也
…最初の頃さ
晴人
晴人
うん?
達也
達也
いきなり始まった同居生活で
かなり悩んでたよな?笑
晴人
晴人
まぁ〜…そりゃあ…最初はねっ?笑
達也
達也
けど、今のお前を見てると
それが嘘みたいやな



達也くんは、笑いながらお酒を口に運んだ。







「次の家が決まるまで」だったはずなのに







まさか、恋仲になれるなんて







夢にも思わなかった。





達也
達也
酔っ払ってたとはいえ…
放っておけなかったんだろ。笑
晴人
晴人
…もしかしたら、そうかもしれない




俺は、膝で眠る真琴ちゃんの頭を





ゆっくり、優しく撫でた。

プリ小説オーディオドラマ