無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🌷*゚
あなた side

『 ただいま〜 』
一世「 あ!おかえりなさい! 」
『 、、え、なんでいるんですか、えっと、、 』
一世「 金指一世です! 」
直樹「 今日は一世だけ泊まりに来たんだ 」
『 ふーん 』

なんだ、今日は飛貴くんいないのか〜〜〜
って考えてんの?!笑
別に飛貴くん関係ないじゃん!!!

直樹「 (あなた)、あなた! 」
『 は、はい! 』
直樹「 なにそんな驚いてんの笑 それより今日の曲良かったよ!お兄ちゃんに相談してくれれば良かったのに〜 」
『 あ、この前那須くんに教えてもらったから大丈夫! 』
一世「 浮所じゃないんだ〜 」
『 へ? 』
一世「 あ、いや、あなたちゃんと浮所仲良いから! 」
『 仲、いいのかな?笑 』
一世「 うん!てか金指くんって長いから一世って呼んで!」
『 いいの? 』
一世「 いーよいーよ! 」
『 わかった!じゃああなたって呼んでよ! 」
一世「 おっけー!あなた!ニコッ 」
直樹「 なになに?一世と仲良くなったのー? 」
『 まあそんなとこ笑 』
直樹「 うちのあなたに手出さないでよ?笑 」
一世「 出さないよ、出したらあの人に怒られそうだし笑 」
直樹「 たしかにねってあの人が出しても怒るけどね笑 」
一世「 藤井くん怒ったら怖いもん笑 」

あの人?誰?お兄ちゃんのことかな?まあいいや笑

ねくすと。