無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🌷*゚
大昇 side

あなたちゃんの態度、、
やっぱり________だよね笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浮所 side

寝起きのあなたちゃん可愛かったな〜
なんていうか朝から透明感(?)があってさ
髪もサラサラだしあー可愛かった(2回目)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなた side

あ、でもさ、もうすっぴん見られたってことはもうすっぴんでも堂々としてられるんじゃね?!(ポジティブ)
てことで化粧もめんどくさいし密着始まるまでそのままで笑

〜リビング〜

一世「 あ!あなたおはよう! 」
龍我「 おはよう! 」
『 おはよう笑 』
一世「 寝起きのあなたも可愛いな笑 」
『 ちょっとやめて、すっぴんなんだから笑 』
美少年「 え? 」
『 え? 』
那須「 すっぴんとは? 」
『 ん? 』
飛貴「 化粧してないってこと?? 」
『 うん、そうだけど、、 』
美少年「 えー!!! 」(直樹以外
龍我「 すっぴんとか思わなかったー! 」
大昇「 元から薄メイクだからかな? 」
那須「 飛貴なんか言葉失ってるし笑 」
飛貴「 いや、驚きのあまりに笑 」
直樹「 あなた朝ごはん食べるー? 」
『 んー、スムージーだけでいいよ笑 』
直樹「 OK! 」
『 あ、いいよ!自分で作るよ 』
直樹「 でもあなた寝起きじゃん 」

2人でキッチンに立っている

一世「 あーでもこう見たら兄妹みたい 」
直樹「 兄妹ですから笑 」
一世「 笑笑 」

ねくすと。