無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🌷*゚
あなた side

(お風呂から出る)

『 あがりました〜 』
飛貴「 あなたちゃんってそれすっぴんだよね? 」
『 そうだよ笑 』
飛貴「 すっぴんでも充分可愛いんだけど笑 」
『 ありがとう笑 』
大昇「 ちょっとそこいちゃつかないで下さーい 」
飛貴「 別にいちゃついてないし!笑 」
直樹「 はいはい、じゃあ浮所お風呂はいってきて〜 」
飛貴「 はーい 」

(全員お風呂から出る)

あ、さっきまでエゴサしてたから髪乾かしてない()
ドライヤードライヤーっと、、
使用中か、それならもうちょい待つか〜

飛貴「 あ!あなたちゃん!乾かしてない? 」
『 まあ、うん、まだだよ 』
飛貴「 おいでおいで! 」
『 え?? 』

そういって飛貴くんの方に行った

飛貴「 髪乾かしてあげる! 」
『 えっいいよいいよ笑 』
飛貴「 人の髪乾かしてみたいの!笑 」
『 那須くんとか大昇くんにしたら?笑 』
飛貴「 あいつらに頼んだら断られた笑 」
大昇「 あなたちゃんお願い!こいつのワガママに付き合ってあげて! 」
『 んーまあそういうなら、、いいですよ笑 』

ねくすと。