無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

🌷*゚
あなた side


やばいやばいどうしよう!!!!

ピンポーン

来た!!

飛貴「 おじゃましまーす 」
『 いらっしゃい!お兄ちゃんが勝手なこと言ってごめんね』
飛貴「 いや、まあびっくりした笑 」
『 あ、もう夜ご飯だね。適当に作るけどいい? 』
飛貴「 うん! 」










『 はい!完成! 』
飛貴「 やっぱあなたは料理上手いな〜 」
『 そんなことないよ笑 』
飛貴「 なんかこうしてると初めてあなたに会った時のこと思い出すな笑 」
『 初対面が道案内っていうね笑 』
飛貴「 実はあれは初めてではないんだ 」
『 そーなの?! 』
飛貴「 俺が高校3年生の時に成績が悪くて落ち込んでる時に気分転換で海行ったらあなたがいたんだ。覚えてない? 」
『 誰かと話したのは覚えてる。。あれ飛貴だったの? 』
飛貴「 うん笑 」
『 えーなつかs..... 』

ピカッ

『 !!雷? 』
飛貴「 台風が近づいてんだって 」
『 そ、そーなんだ.... 』
飛貴「 怖い? 」
『 別に怖くはなi....... 』

ゴロゴロゴロ

『 (。゚ω゚) ビクッ! 』
飛貴「 怖いんじゃん笑 」
『 雷は苦手なの!笑 』
飛貴「 大丈夫だよ。俺がいるからさ。 」
『 う、うん//// 』


ねくすと。