第6話

ブラック5
主人公
主人公
スースーzzzz
厚藤四郎
厚藤四郎
(呑気に寝てんのか?殺されるかもしれねぇのに。まぁこっちからしたら好都合か)
厚藤四郎
厚藤四郎
サラリ【抜刀】じゃあな
主人公
主人公
《カキィィィン》残念ですが私を斬る事はできませんよ?厚藤四郎様
厚藤四郎
厚藤四郎
チックソ!
主人公
主人公
私を殺したいですか?
厚藤四郎
厚藤四郎
当たり前だ
主人公
主人公
そうですか。
厚藤四郎
厚藤四郎
お前五虎退に何をした
主人公
主人公
私は何も。この本丸の状況を教えてもらい、お願い事をしてもらっただけです
厚藤四郎
厚藤四郎
願い事ってなんだ
主人公
主人公
"粟田口の皆様に私の霊力を届けてください"というお願いですが
厚藤四郎
厚藤四郎
それで粟田口全員の怪我を治したってか
主人公
主人公
はい。
厚藤四郎
厚藤四郎
五虎退には何もしてないんだな
主人公
主人公
勿論です。付喪神様に無礼を働ける程私は強くありませんので
厚藤四郎
厚藤四郎
その、、、あ、が、、な
主人公
主人公
え?
厚藤四郎
厚藤四郎
だぁー!!霊力くれてありがとな!って
主人公
主人公
いえ。私はそれが仕事ですので
厚藤四郎
厚藤四郎
俺達粟田口はお前の事信じるぜ
主人公
主人公
そうですか。
厚藤四郎
厚藤四郎
あぁ。嬉しくないのか?
主人公
主人公
いえ。とても嬉しいですよ
あなたはこの言葉を言ってる時とても悲しく辛くそして





























泣きそうな顔で人類全てを恨んでいるような
そんな顔をしていた
厚藤四郎
厚藤四郎
大将。あまり溜め込むなよ。頼れ
主人公
主人公
出来ればやってみます。(刀と言っても人の形をして自分の思考で動いてるとまでなればもう人間と同じ。私が刀剣を信じる訳がない)
厚藤四郎
厚藤四郎
明日。粟田口の短刀が遊びに来るかもしれないが相手できるか?
主人公
主人公
いいですよ。
厚藤四郎
厚藤四郎
ありがとな。たぶんいち兄も一緒に来ると思う
主人公
主人公
わかりました。
厚藤四郎
厚藤四郎
襲って悪かったな。ゆっくり休めよ大将
主人公
主人公
お気遣いなく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バカ&アホ作者
バカ&アホ作者
人は簡単に信じてはダメですよ!

最近薙刀ほしくて頑張ってるんですけど

全然でない

マジいるのか不安になるぐらい

後資材の無駄になってしまってる

ので

早く出て欲しすぎて

イラついている

作者であった