無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

585
2019/05/27

第5話

🍒
(名前)
(名前)
😩💨はぁーーーっ!

終わったァァァ!!
グク
グク
終わりましたねㅋㅋ
(名前)
(名前)
そろそろ、帰ろっか!

もう、遅いしっ





もう、時計の針は

11を指していた
グク
グク
先輩っ!

送っていきますよっ
(名前)
(名前)
いや、大丈夫よっ!

私だって、もうそんな若くないんだからㅋㅋ
グク
グク
いいんです、

送らせてください
(名前)
(名前)
じゃあ、、

送ってもらおうかなㅋㅋ
グク
グク
では、行きましょっ!







🚉駅〜
グク
グク
先輩ってどこら辺に住んでるんですか?
(名前)
(名前)
えっ?私っ!?

えっとね〜、次の駅のところで降りるかなぁ
(名前)
(名前)
駅の近くのマンションに住んでるわよ
グク
グク
そうなんですか、、

僕、次の次の駅で降りるんで

けっこー、近いですねㅋㅋ
(名前)
(名前)
そうだねㅋㅋ





私たちを乗せた電車は
次の駅についた。
(名前)
(名前)
私、家すぐそこだから、


ここでバイバイ👋🏻

明日ね!!!グクくんっ!
グク
グク
お疲れ様でした〜👋🏻




私と、グクくんは、
駅のホームで別れた