第12話

席替え
今日は席替えです。

多分、お隣さんのジュニとは

バイバイだな〜
you
you
ジュニや、今日でお隣じゃなくなるね。
ジュン
ジュン
…?
今日って席替え?
you
you
そうだよ笑
ジュニったら〜
ジュン
ジュン
え、離れちゃうかもじゃん。
you
you
そうだね〜
ジュン
ジュン
いーやーだー
you
you
…グダグダ言わない!
私だって寂しいんだから!笑
ジュン
ジュン
…ホントに?
ホントにそう思ってくれてる?
you
you
うん、寂しい。
ジュン
ジュン
❁**(⸝⸝⸝ˊᗜ​ˋ⸝⸝⸝)❁**
良かった♥
そう言うとジュニは、スニョンやウォヌ氏、
ジフナになんか話しかけてった。
you
you
…離れちゃうのかぁ〜



『嫌だな…』














先生『席替えするぞ〜 クジ引け〜』







皆「はーい」
you
you
8番…
私が引いたのは8番。

ジュニが引いたのは…?



男子『俺、8番なんだけど… もしかして隣、あなた?』
you
you
え、あ、うん。





ジュニじゃない…

隣がジュニじゃなくて他の人。

もしかしたら同じクラスになれるかもしれないと少しでも期待してた私が馬鹿に思えてきた。


ジュニの隣は誰?


どんな女の子?



見ると苦しくなる。

だから見ないでおこう。




机に顔を伏せて



時が過ぎるのを待った。






























コンコン!



机を叩く音がした。
you
you
何?
顔を上げた。


















!!







you
you
ジュニや…

なんでだろう。


隣にいるはずのないジュニが居た。
ジュン
ジュン
へへっ、スニョンに譲ってもらっちゃった!
you
you
スニョンが私たちのこと隣にしてくれたの?
ジュン
ジュン
そうなの!
良かったね、あなた!
you
you
よ…かった…
ジュン
ジュン
スニョン〜!
ありがとう!あなたの隣にしてくれて!
どうやらスニョンが協力してくれたみたい。


ジュニがでっかい声で言うから



周りの人は私たちに注目してて
『え、2人って付き合ってたの?!』
『え、ジュニに彼女居た…』


ザワザワ声がする。
you
you
ッジュニや!
パボ!
私はジュニの背中を叩いた。
ジュン
ジュン
ごめんって!
痛いから辞めて!
でもさ、『これからも隣だね。』


この幸せはいつまで続くのかな?

いつまでも、続いて欲しいね。



今日から私はまたジュニのお隣さん。


それはもう変わることはないだろう。


『ジュニや、今日からよろしくね』


『あなたも、よろしくね』


私たちの出会いとなった´隣の席´



もうすぐ高校生活も終わっちゃうね。


これからもずっと一緒に居れるかな?




--------キリトリ線--------

いつも読んでくれてる皆様!


ありがとうございます!!


この小説、面白いでしょうか笑


ハッピーエンディング聴きましたか?


ジュニのパートが多くて嬉しかったです♥


なんかいつもは事務所の方が、パートを決めているらしいんです。
←ジュニがファンミ?で言ってた。

でも今回は我の推し、ウジがパート分けしたらしくて!

どうりでジュニのパートが多い訳だ!

ジュニの声、大好きなんです。



地声はとっても低いのに、歌うと高くなる所、好きです笑


これからも隣の席のムンジュンフィ
よろしくお願いします!