第158話

➹152➹🔞
4,856
2022/09/04 08:45
行為を再開して数十分。
この間にお互い何度も達している。
俺はまだいけるが、瑞希はそろそろきつくなってくる頃だろう。
月城 瑞希
月城 瑞希
はっ、ぁ"ッ〜ッ♡///も、ゃ"っ…でな、ぃ"っ…//
ほら。否定の声を上げ始めた。


まぁまだ止める気は無いけど。


もう出ないなんてことあるわけないし。
逢坂 要
逢坂 要
もう出ないの?…じゃあ、手伝ってあげる。
俺は瑞希の性器に手を伸ばすと、
先端を片手で覆うようにして刺激する。
月城 瑞希
月城 瑞希
ビクッ ひ、く"っ、ぅ"ッ!!?♡////
逢坂 要
逢坂 要
あ、出てきたよ。
まだ全然出るじゃん、瑞希♡
ほとんど色の消えた精液を吐き出しながら体をビクビクと痙攣させる瑞希だったが、次の瞬間涙目で首を横に振り始めた。
月城 瑞希
月城 瑞希
ゃっ…や、らッ…も、むりっ…ちがう"っ…ゃッ…//
逢坂 要
逢坂 要
え、なに?どうしたの?
月城 瑞希
月城 瑞希
わ、わかん、ねぇッ…おかしく、なるッ…////
出ない、のにッ…イき、そっ…ぉ、//
逢坂 要
逢坂 要
んん…?
俺は首を傾げながら瑞希の顔を覗き込む。
顔を真っ赤にして涙を流しながら首を振る可愛らしい姿。
あー…可愛い…。もっといじめたい…。
逢坂 要
逢坂 要
出せないのにイっちゃうの?
女の子みたいで可愛いね。
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ…うる、せっ…ッぇ"〜ぁ"ッァ…!!?♡///
瑞希が喋り終わる前に思い切り奥を突き上げる。
逢坂 要
逢坂 要
…あんまり生意気言うと、
お腹失神するまで犯すよ?
月城 瑞希
月城 瑞希
ゃ"っ…ま、ぇ"ッ…え、♡///
ちぁ"っ…とま、ってッ…クる"ッ…きちゃっ…♡////
逢坂 要
逢坂 要
イく?いーよ。ほら、イきな。
ギリギリまで抜いては最奥を突き上げるのを繰り返していると、瑞希は俺の肩に爪を立てて悦んだ。
月城 瑞希
月城 瑞希
ビクンッ  イ"ッ…く"っ、ぅ"っ〜ッッ♡/////
逢坂 要
逢坂 要
ッ…ぁ"〜…すっごい締まる…、俺もイきそッ…、
月城 瑞希
月城 瑞希
あ"ッ…、まっ、ぇ"ッ…今、ゃ"ッ…動くなッ、ぁ"////
逢坂 要
逢坂 要
ごめん、腰止まんないっ…きもちぃ…、
腰を動かしながら前かがみになり、瑞希の耳元に顔を寄せる。
月城 瑞希
月城 瑞希
っ…?な、にっ…、
逢坂 要
逢坂 要
…愛してるよ、瑞希。
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ…ひっ…ぅ"!!?////
逢坂 要
逢坂 要
ふふっ…かーわいい♡
俺は瑞希の頭をぐしゃぐしゃと撫で、キスをする。
そのまま腰を動かしていると、
先輩のくぐもった可愛らしい喘ぎ声が聞こえてきた。
月城 瑞希
月城 瑞希
ん、ぁ"ッ…ぅ"っ…んんッんっ…ふ、ぁ、む"っ…////
逢坂 要
逢坂 要
ッ…ぁ"〜、イく…、//
先輩のナカにゴム越しに精液を吐き出す。
やば…まじで気持ちよかった…。
逢坂 要
逢坂 要
チュッ… は、ぁ…瑞希、…大好き、瑞希…、
瑞希の首に手を当てそう呟くと、
瑞希の中がキュウッ…と締まった。
逢坂 要
逢坂 要
っ…締めんな、よッ…、何に興奮してんの?
月城 瑞希
月城 瑞希
わかん、なッ…ぃ"っ…//
逢坂 要
逢坂 要
…なぁ、もしかしてって思ったんだけどさ。
俺は瑞希の首に置いていた手に少しだけ力を込める。
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ…ひ、く"っ…ぅ"ッ…!!?//
逢坂 要
逢坂 要
っ…すっごい締め付けっ…、
俺はその手にさらに力を込める。
月城 瑞希
月城 瑞希
ぃ"ッ…んッ…ぅ"ぅ…か"っ…、はッ…
逢坂 要
逢坂 要
ッ…!…あ、はっ…瑞希、凄いじゃん、みて?
瑞希の首を解放し、瑞希の性器に視線をやる。
瑞希の性器は首を絞められたことによって射精を迎えていた。
月城 瑞希
月城 瑞希
ぇ…、?な、にっ…?なん、でっ…、俺ッ…、
逢坂 要
逢坂 要
…ねぇ、もしかして瑞希って結構M?
首締められてイっちゃうなんて。
月城 瑞希
月城 瑞希
ち、がっ…別に首締められんのが気持ちいわけじゃなくてッ…
逢坂 要
逢坂 要
…じゃなくて?
月城 瑞希
月城 瑞希
ぇ、あッ…その…、
先輩が耳まで赤くして顔を背ける。
月城 瑞希
月城 瑞希
首絞めてる時のお前の顔が…、
逢坂 要
逢坂 要
え、嘘。俺の顔に興奮してたの?
月城 瑞希
月城 瑞希
う、うるさいッ…いいだろ、別にッ…!!//
逢坂 要
逢坂 要
ッ瑞希〜、可愛いなぁ〜!
ガバッと抱きつき、瑞希の頭をぐちゃぐちゃに撫でる。
月城 瑞希
月城 瑞希
やめろッ…抱きつくな、奥、入ってるッ…!!
逢坂 要
逢坂 要
あ、ごめんごめん。…今抜くね。
ゆっくりとナカから性器を抜くと、
瑞希の後孔がヒクヒクと痙攣していた。
えっろ。


…やめとこ、あんま見るとまた勃ちそう。





逢坂 要
逢坂 要
あ〜…先輩可愛かったなぁ。
後半ずっとイきっぱなしだったし。
行為を終えて後処理を終えた後。


2人でベッドに寝転がりながらそう言うと、
先輩はがギャンっと叫ぶ。
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ…うるさいっ…!次は俺がお前を抱くからな!
逢坂 要
逢坂 要
えぇ、まだ諦めてないの?
別にいいけどこんな気持ちいの知っちゃったから先輩物足りないんじゃない?
月城 瑞希
月城 瑞希
バカにしてんのか
逢坂 要
逢坂 要
してないけどさぁ〜…
まぁ別に先輩になら抱かれてもいいんだけどね。


きっと俺を抱く先輩も世界一可愛くて───────、
月城 瑞希
月城 瑞希
っていうかお前、呼び方戻すのかよ
逢坂 要
逢坂 要
え?あぁ、瑞希って呼んだ方がいい?
それでもいいけど、俺が名前呼ぶ度に今日のこと思い出して興奮しないでね?
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ〜!!!誰がするか!
逢坂 要
逢坂 要
あと普通にいつもはみーくん先輩なのに、セックスの時だけ瑞希って呼ぶ方が興奮しない?
月城 瑞希
月城 瑞希
…………、
先輩は返事をしない。


これはきっと同意なのだろう。
逢坂 要
逢坂 要
だから普段は今まで通り
みーくん先輩って呼ぶ。
月城 瑞希
月城 瑞希
そう、なんでもいいや。
先輩は疲れたのか、目を瞑る。
逢坂 要
逢坂 要
…みーくん先輩。
月城 瑞希
月城 瑞希
…んー?
逢坂 要
逢坂 要
……大好き。
月城 瑞希
月城 瑞希
…知ってる。今日死ぬほど聞いた。
逢坂 要
逢坂 要
先輩は?
月城 瑞希
月城 瑞希
…好きだよ。
先輩の手が俺の頭を撫でる。
逢坂 要
逢坂 要
…ねぇ、お試しで1ヶ月って話だったけど、
もう必要なくない?俺ら両想いじゃん。
月城 瑞希
月城 瑞希
………んー…、
逢坂 要
逢坂 要
…先輩?聞いてる?
月城 瑞希
月城 瑞希
…………、
逢坂 要
逢坂 要
あー…寝ちゃったか。…仕方ない。
この話はまた今度しようか。
俺は先輩を抱きしめると、そのまま眠りについた。







30分後。
月城 瑞希
月城 瑞希
……要、寝た?
逢坂 要
逢坂 要
………スー…、スー……、
月城 瑞希
月城 瑞希
…要、…愛してる。大好き。
…本当は1ヶ月のお試しなんていらないよ。
お前が本気で俺を許してくれてるなら。
………………。
月城 瑞希
月城 瑞希
…うわ、恥ずッ…。もういいや、寝よ。
俺は1人で何言ってんだほんとに…。
そう言って瑞希は要の顔をのぞき込む。


するとぱっちりと目を開けた要と目が合う。
逢坂 要
逢坂 要
……………ぁ、
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ…は?おまッ…なんで、目開けてッ…、
っていうかいつから起きてッ…!!?//
逢坂 要
逢坂 要
いや?今起きたところだけど?
みーくん先輩の熱烈な愛の告白なんて聞いてないけど?
月城 瑞希
月城 瑞希
ッ〜!!!////おまえ"ぇえ"!!!////
逢坂 要
逢坂 要
うわ!ちょッ…ごめんって!
月城 瑞希
月城 瑞希
うぅ〜!!////くっそ…恥ずかしい…、//
逢坂 要
逢坂 要
…ねぇ、先輩?さっきの言葉、本音?
月城 瑞希
月城 瑞希
…ぇ?あッ…、え、と…、
逢坂 要
逢坂 要
…1ヶ月のお試しいらないって言ってたの。
…ねぇ、もう本気で付き合わない?
俺本気で先輩のこと好きだし、本気で先輩のこと許してる。
月城 瑞希
月城 瑞希
……………う、んッ…、
逢坂 要
逢坂 要
それは承諾って捉えていいの?
月城 瑞希
月城 瑞希
…うん。
逢坂 要
逢坂 要
…そっか。よかった。嬉しい。
逢坂 要
逢坂 要
…これから一生…死ぬまでよろしくね、瑞希。
月城 瑞希
月城 瑞希
…あぁ。…よろしくな、要。

プリ小説オーディオドラマ