無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🧡
帰り道を1人で歩いていたら、後ろから




"たったったったっ"




って、走ってる音が聞こえてきた。




後ろを向いたら
阿多龍太郎
阿多龍太郎
楓!!!!!
やっぱり龍で




両手を広げたら




"ぎゅうううう"




って、痛いくらい抱きしめられた。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
楓〜。
土橋楓
土橋楓
はいはい。よく頑張りました。
って、龍の背中をポンポン叩く。




本当に甘えん坊なんだから。




こんな姿、私しか知らないんだろうなー。




なんてちょっと優越感。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
楓、俺んち行こ?
土橋楓
土橋楓
いいけど?
龍と私の家は、二件挟んだ所にある。




だから、お母さん同士も仲が良くてお泊まりとかしても何も言われない。









龍宅





阿多龍太郎
阿多龍太郎
ただいまー
土橋楓
土橋楓
お邪魔しまーす!
しーん。としている龍の家。




珍しいなぁって思ってリビングを覗いたら




テーブルに1枚の紙があって




『楓ちゃんのママとパパと、4人で旅行に行ってきます!4日は帰りません!よろしくね〜』




って書いてあった。
土橋楓
土橋楓
また、唐突な……。
もう、2人で絶句。




だけど、4日も朝から晩まで一緒ということに喜んだ。




2人で龍の部屋に行き
阿多龍太郎
阿多龍太郎
楓〜
なんて龍が甘えてきた。
土橋楓
土橋楓
ん?
阿多龍太郎
阿多龍太郎
はぁ、楓。
土橋楓
土橋楓
何?
笑いながらいえば
阿多龍太郎
阿多龍太郎
本当に楓閉じ込めたいくらい可愛い。
なんて、恐ろしい事を平気で言う龍。
土橋楓
土橋楓
まじそんなことしたら、嫌いになるからね。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
分かってるよ。しない。言うだけ。
言うだけでも怖いわ!!
土橋楓
土橋楓
抱っこ。
龍に私も甘える。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
えー?俺の事抱っこしてよ。
土橋楓
土橋楓
はぁ?無理だから!!
なんて笑いあった。











甘えた系彼氏は女の子にもヤキモチ妬きます。




とでもないくらいに。




でも、そんな彼にゾッコンな私も甘えた彼女なのかもしれないです。




龍をドキドキさせたくて、晴美に言われた通り
土橋楓
土橋楓
ねぇ、龍。
名前を呼んでから
阿多龍太郎
阿多龍太郎
何〜?
顔を上げた龍に




"チュッ"




わざとリップ音がなるようにキスをしたら




ものすごい勢いで龍の顔が赤くなった。
阿多龍太郎
阿多龍太郎
っっ楓!!!!
あはっ。














甘えた系彼氏 END