無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

年下系彼氏




年下で、かわいくて、ちょっといじわるな彼氏。









長谷川慎
長谷川慎
れーな先輩!!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
えっ?わぁ?!
登校中背後から抱きつかれた。
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
ちょっと慎!!後ろから抱きつかないで!!
長谷川慎     16歳




私、鷲尾伶菜 17歳の彼氏です。




そう、いわゆる、年下彼氏ってやつです。




年下彼氏はかわいいって?




そんなわけない。




だって、慎がその代表。




何かあればからかってくるし、いじわるばっかりしてくる。




まぁ、私の場合は倍にして返すけどね?
長谷川慎
長谷川慎
だって、伶菜先輩がかわいいのが悪い!
なんて意味のわからないこと言ってくるし。
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
へーあっそう?
こういう、可愛くない言い方をする所、直さなきゃいけないってわかってるけど、直せない。
長谷川慎
長谷川慎
れっ伶菜先輩酷い!
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あーはいはい。ほら、行かないと遅刻するよ。
慎を置いてスタスタと歩き始める。











教室






鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
………………
机に1人突っ伏していたら
石井杏奈
石井杏奈
れーいな!どうしたの?
かわいい笑顔を浮かべて話しかけてきたのは
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
杏奈……。
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あーんーなー!!もうどうしよう
石井杏奈
石井杏奈
えっ?!なに?どうしたの?
オロオロしながら私の頭を撫でてくれる杏奈。
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
慎の前だと、恥ずかしくて恥ずかしくて素直になれなさすぎてどうしたらいいのかわかんないの…………
石井杏奈
石井杏奈
んー、伶菜のそれはどうしようもないよなぁ
なんて苦笑いの杏奈。
石井杏奈
石井杏奈
ほら、伶菜私とかにはデレデレだけど、男子には、まぁとくに慎くんだけど、ツンツンじゃない。それを直すしかないと思うんだけどなぁ
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
デレデレなんてしてないもん。ツンツンもしてない。
石井杏奈
石井杏奈
それだよ伶菜〜!普段はクールビューティ系なのに、悩むと甘えただもんなぁ。まぁ慎くんはそこが好きみたいだけど。
なんて、杏奈が呟いてたのには気づかなかった。