無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

❤️
本当、壱馬と付き合ってる時は大変だったなぁ。




どこにいても




「川村が暴れてるんだよ!止めに来てくれ〜。」




なんて、しょっちゅう泣きつかれてた。先生に。




しかも、授業中に!!!




おかげで授業がわからなくなって大変だった。




でも、もうそれから開放される。




嬉しいけど、つらい。




だって、壱馬のこと、大好きだから。




そんな乙女チックなこと考えたら




「おい。お前か?川村壱馬の彼女っていうのは。」
藤井夏恋
藤井夏恋
…………正確には元カノですがなにか?
怒り気味に言うと、後退りした不良4人。




「しっ質問を変える。」
藤井夏恋
藤井夏恋
何?
「藤井夏恋はお前か?」
藤井夏恋
藤井夏恋
そうだけど何?
そう言ったら、ニヤッと笑って




「来てもらおうか。」




なんて取り囲まれた。




ふぅ〜こんなことにも慣れちゃった私ってどうしようもない気がする。




手を伸ばしてきた男の子を掴んで、背負い投げする。
藤井夏恋
藤井夏恋
あのねぇ、壱馬の彼女なんてやってたら、か弱い女でなんていられないから!!
って、何度か喧嘩?してたけど?やっぱり4対1は無理だった。










「あっさり捕まってくれたらそんなケガしなくて済んだのにな。」




私が連れてこられたのは、どっかの倉庫。
藤井夏恋
藤井夏恋
別に。あんたらの蹴りとか痛くなかったし。
そう挑発したら




「ふざけんじゃねーよ!!!」




お腹を蹴られた。




「おい。川村に電話しろ。」




そう言って私のスマホを出した。
藤井夏恋
藤井夏恋
………………電話しても出ない。あいつ、1回も出たことないから。
「はあ?お前それでいいのかよ。」




いいのかよって、
藤井夏恋
藤井夏恋
しょーがないでしょ。
あいつは私の事好きで付き合った訳じゃないんだろうし。




「じゃあ俺がかける。」




借りるぞって、本当に電話をかけ始めた。




どうせ出ないし、出ても来ないし。




「ああ。早く来ねえーと危ねーぞ?」




なんて言う声が聞こえた。




は?出たの?




今まで1回も出なかったくせに。




「出たぞ。」
藤井夏恋
藤井夏恋
そう。でも、絶対来ないから。あいつと私もう別れ……
川村壱馬
川村壱馬
俺は了承した覚えはねーぞ!!!!!
ぱっとドアの方を見たら、息を切らしている壱馬が、立っていた。
藤井夏恋
藤井夏恋
な…………んで?
「来たな。」




どうして来るの?




私の事好きじゃないくせに。
川村壱馬
川村壱馬
おー。おっ始めようぜ!!
なんて壱馬が言った瞬間




「おお!!」




なんて、でかい声が聞こえてきて




どどどどーーって感じで男の軍団が入ってきた。




殴り合いが始まる。




私はどうすればいいのか分からずその場でただボーッとしてたら
川村壱馬
川村壱馬
おい!こっち来い夏恋!!
なんて、初めて私の名前を呼んだ、壱馬。




なんでこういう時に名前呼ぶかな?




従わざるおえなくなるじゃん。
川村壱馬
川村壱馬
大丈夫か?
無言で頷く。
川村壱馬
川村壱馬
ん。おい。こいつ頼んだ。
そう言って外に連れ出された。




壱馬は、喧嘩の中にさっそうと走っていった。