無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

💛
吉野宅



吉野北人
吉野北人
ただいま
「お帰りー。って、まぁまぁ!噂の北人の彼女?可愛いわねぇ!!」




なんて、若い人が迎えてくれる。




その前に!なんで吉野宅こんなにでかいの!?
吉野北人
吉野北人
母さん、今日泊めるから、服と布団よろしく。後、話あるから、部屋入ってこないで。
「わかったわ。あっ、お茶だけは持っていくわね。」
吉野北人
吉野北人
ありがとう
そのままグイグイ吉野に引っ張られる。
山口乃々華
山口乃々華
あっ、お邪魔します!今日1日お世話になります!
って、引っ張られながら挨拶した。








吉野北人
吉野北人
さて、何から聞きましょうか。
吉野さん。なんだかとても怖いのですが…………。




机を挟んで向かい合う。




"コンコン"




ドアがノックされて




「お茶、持ってきたわよ」




って笑顔で吉野ママが登場した。
山口乃々華
山口乃々華
ありがとうございます!
「いいのよ〜。ゆっくりしていってね〜。」




フワフワ笑う吉野ママ。




若くてほんとにキレイだ。




なんて見とれてたら
吉野北人
吉野北人
山口さん。
山口乃々華
山口乃々華
はい。
吉野北人
吉野北人
なんでこの一週間逃げ回ってたのか、話して頂けますか
有無を言わせない雰囲気をかもしだしてくる吉野。
山口乃々華
山口乃々華
…………吉野に怒られて怖かったのと、嫉妬したのと、自分にイライラしてたの。こんな気持ちのまま吉野に会ったら何言うかわからなかったから、避けた。
ごめんなさい。
素直に自分の気持ちを打ち明けた。
吉野北人
吉野北人
…………なんだ。そうか、そっかぁ〜。
ははっと笑う吉野。




何?頭でもイカれたの?
吉野北人
吉野北人
てってきり俺、山口さんにフラれると思ってたんですよ。
山口乃々華
山口乃々華
えぇ!?なんで?私がフル要素なくない?
吉野北人
吉野北人
避けられ続けてたら誰だってフラれるんだと思いますよ。
あーたしかに。
山口乃々華
山口乃々華
ごめんね吉野。
吉野北人
吉野北人
いえ、許します。あと、山口さんにずっと聞きたかったんですけど
山口乃々華
山口乃々華
何?
吉野北人
吉野北人
敬語の俺とタメ口の俺、どっちが好きですか?
どっち、って
山口乃々華
山口乃々華
敬語しか、使われたことないんだけど?
吉野北人
吉野北人
…………あ〜。
山口乃々華
山口乃々華
ふふ。どっちでもいいよ。
まぁ、敬語だとみんなに本当に付き合ってるのか疑われるけど
吉野北人
吉野北人
タメ口でもいいですか?俺が敬語だと、付き合ってないって思われてて、山口さん狙われてるんですよ。
山口乃々華
山口乃々華
誰がこんなやつ狙うのよ。
吉野に会うまで部活にかけてた私。
吉野北人
吉野北人
色んな奴です。
山口乃々華
山口乃々華
ふーん。まぁ、安心してよ。私は部活と吉野にしか興味ないから。
ニコって笑うと
吉野北人
吉野北人
そういうの卑怯だって知ってます?
はぁ?意味わかんないんだけど……。
吉野北人
吉野北人
あと、名前で呼んでもいいですか?
山口乃々華
山口乃々華
うん。どうぞ
なんか、今日付き合ったばかりのカップルみたい。




なんて思って一人で笑ってたら
吉野北人
吉野北人
何笑ってるんですか?
山口乃々華
山口乃々華
んーん。なんか、今日付き合いたてのカップルみたいだなーって思っただけだよ。
吉野北人
吉野北人
確かに。でももう遠慮しないから。
山口乃々華
山口乃々華
へっ?
吉野北人
吉野北人
乃々華が想像してないくらい、俺は乃々華とやりたいこといっぱいあるから、覚悟しといて?
なんて不適に笑う吉野…………北人。
山口乃々華
山口乃々華
あはっあはははは。
なんて笑いしかできなかった私だった。




こうやって、まだまだ私の知らない北人が出てくるんだろうなー。




なんてひそかに考える私でした。




草食系男子の攻略は
















不可能です。








草食系彼氏 END