無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

5、龍と虎
今更やけど表記について……
ストキャラは苗字で、アルキャラは下の名前で表記します!ご理解よろしくお願い致します。
織田先生と坂口先生は今のところアルしか出す予定ないので、とりあえず苗字で……ストさんの口調が掴めたら変わるかもです!


NOside
太宰治(st)
やっぱり!おーい、敦くーん!
中原中也(st)
芥川……と、人虎!
なんで手前らがここに……
中島敦(st)
?この声……
……え!?!?
中原中也(Al)
なんだよ、知り合いか?
織田作之助(Al)
本の作者とかかと思ったんやけどなぁ
太宰と中原が走って駆けつけると、そこには織田と中也の見たことがない人物がいた。
黒い外套に袖を通した黒髪の男、もう片方は白髪に黒いメッシュ、服装は白いシャツに黒いズボンを履いた少年だった。
太宰治(st)
ふふふ……そちらの君達が聞いたら驚くだろうねぇ。この二人は此方の世界の芥川龍之介、そして中島敦だよ
織田作之助(Al)
……えぇぇぇ!?
う、嘘やろ!?まだまだ学生とかとちゃうん!?
中原中也(Al)
失礼にも程があんだろ…
で、どっちがどっちだ?
芥川龍之介(st)
……状況が理解できぬ
中島敦(st)
僕も今だけは芥川と同感……です。
太宰さん、そちらのお二人は?
太宰治(st)
うふふふふ……私判っちゃった…♪
詳しいことは向こうで話そうか、とりあえず此方の二人は着いてき給え!そこの二人が案内してくれるはずだよ!
そう言うと同時に太宰はばっと、中也と織田に指を指す。
織田作之助(Al)
……あかん、頭おかしなりそう。
中島敦と芥川龍之介ぇ……?
中原中也(Al)
……俺もわかんねぇけど、まずは本の中ここを出ようぜ。話はそれからだ
中也がそう言うと同時に、四人と二人は光に包まれた。  

───たどり着いた場所は先程と変わら無い、いつも通りの帝国図書館だった。