無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

CHAPTER 8
花咲 葉空
花咲 葉空
リョォタァァ!帰りたいィィイイ!
黒崎 涼太
黒崎 涼太
いや、俺に言われてもな……(汗)
私達は昔からの幼馴染だ。
黒崎 涼太
黒崎 涼太
あっ、1層ボス突破したって
花咲 葉空
花咲 葉空
えぇっ!ほんとぉ!!!???
黒崎 涼太
黒崎 涼太
おう
花咲 葉空
花咲 葉空
よぉぉおし!二層ボス行くぞぉ!
そして単純だ。
はい、2層来た(←はい、雑☆)
どうもココは自然をテーマにした層らしい。
花咲 葉空
花咲 葉空
ひいいい!スライムぅううう
黒崎 涼太
黒崎 涼太
はぁ...
ため息混じり(完全にため息)で
剣を振り落とす。
花咲 葉空
花咲 葉空
ありがてぉ
恐怖で呂律すら回らないらしい。
黒崎 涼太
黒崎 涼太
はいはい
こんなんで攻略できんのかよ

と渋々思う俺氏だった。