無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

CHAPTER 2
有亜さん
有亜さん
皆さん、おはようございます。
有亜さんの呼びかけに皆、声を合わせて(合わせない奴もいるが)「おはようございます」と返事する。
有亜さんは先生に紹介されてい政府の方々だ。
有亜さん
有亜さん
皆さんにはとあるゲームをして頂きます。
持田玲音
持田玲音
はいはいはーい!
どんなゲームですかぁ?
有亜さん
有亜さん
えっと………持田君かな、少し落ち着きましょうか
持田玲音
持田玲音
………はぁい
そう言うと有亜さんはバックからヘルメット(?)を取り出した。
有亜さん
有亜さん
こちらはDEATH………ケフン
ゲーム専用のヘルメットです。
有亜さん
有亜さん
こちらを頭に被せてくださいませ。
みんなはヘルメットを被る。
俺はさっき言いかけていた言葉に疑問を持ちつつ被る。
有亜さん
有亜さん
それでは行ってらっしゃいませ
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
掛肥有亜 KakegoeAria
政府の責任者の一人。
薄ピンクの髪の毛に緑の目が特徴的。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈