無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
2
2021/12/10

第3話

新しく物語を始める前に休憩を
やよい
やよい
登場人物
僕 その他(モブ)


行動したのならそれはもう新しい物語かもしれないね…まぁごゆっくり〜
━━━━━━━━━━━━━━━
僕には才能がない。そんなの子供の時からそうだった

小学生・・・クラスの誰よりも上でいないと両親に怒られ殴られ毎回のように自分の部屋で泣いていた。
それでも学校ではそんな出来事が嘘だったかのように貼り付けただけの笑顔で友人に「おはよう」と言う
中学生・・・そこそこいい私立に行った。ずっと席に1人だったからなのかクラスの陽キャ達から理不尽ないじめがあった。僕の周りに頼れる人なんかいるわけが無いためずっと我慢してきた
高校生・・・どんどんいじめはエスカレートしていきもう僕に感情なんてものはなくなっていた
大学生・・・そこそこの大学で中の上くらいの成績を取り続けた
みんなが楽しそうに友達と合コンやらサークルやらへ行ってる中ずっと僕はひとりぼっちだった

そんな学生時代
頭がいいのだけが唯一のいい所だから会社もそこそこいい所に入れた

今からでも変わってやる
楽しく過ごしてやる

そう思ってたのに上司からは理不尽に怒られ
先輩や同僚からは仕事を押し付けられる

ずっとずっとひとりぼっちで耐えてきた
でもやっぱり僕も人間だ。ストレスが入っていた器がいつの間にか
パンパンになって
溢れ出したと思ったらパリンと割れる

割れたかと思ったらそのストレスは全て僕の目から溢れ出てきた
そうなってしまえばもう何もかもがどうでも良くなって気づいたら会社をやめて一人泣きながら布団の中にいた

あぁもう自由だ…稼ぎだけはいい会社だったからお金には余裕がある
自分へのご褒美にいいものでも食べようか
少し遠くに旅行しようか
今までろくに触ってこなかったインターネットに触れるのもいいな

次の仕事も見つけないと
そんなことを考えてみる

でも…まぁ今はいいか…

ちょっと疲れちゃったや今は寝よう

次はいい会社に付けれますようにそう思って眠りにつく
「きみ、めっちゃ頑張ってたもんね。その願い…僕が叶えてあげるよ」

そんな声が聞こえた気がした
━━━━━━━━━━━━━━━
やよい
やよい
今が辛い人も楽しい人も梅の立場の人も下の立場の人も
どうせは全員人間なんだから限界があります
やよい
やよい
みんながそれを理解出来たら楽しく無理のない生活なんだろうな
まぁ殺人や犯罪なんかがあるんだからありえないですけどね
やよい
やよい
それではばいやよ〜