無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

62
2021/07/26

第4話

ウサギさん4
今日、ウサギさんはナンパされました、、

「、、、、////」
ーーーーーーー

黄サイド

今日はウサギさんが提案したごっこで遊ぶことにしました

「ころちゃん、これでいいですか、、?」

今僕は制服を来ています()

それについてウサギさんに聞いていました

「いいね!似合ってる!!かっこいい!!」

なんてウサギさんはキャーとか言ってます

女子かな、、、←

「あ、ころちゃん着たのはいいんですけど、どうやって遊ぶんですか、、?」

そう聞くとウサギさんは言う

「るぅちゃんが僕にナンパするの!!」

なんて行ってくるので

「そこのおにーさん?」

そう呼び、僕はウサギさんを壁に追いやげた

「いつかそんなことしてたら、、、、








僕みたいなオオカミに食べられちゃうよ、、?

ウサーギさん?」

ウサギさんの耳元で愛しさを込めるように言う

「るぅちゃん、、、、///




それナンパじゃ、、ないよ、、、、////」

と、ウサギさんはそっぽを向いて言う

尊い、、、、

「るぅちゃんは何でそんなに、、、僕をドキドキさすの、、、////」

そんなことをウサギさんは聞くので

「ではそんなころちゃんに問題です!





ドキドキさしているのはどっちでしょうか!」

ウサギさんにそう、問うと
ウサギさんはえ?と言う顔をして僕を見る


あぁ、、、






この気持ちをちゃんと伝えられたらなー、、、




出会ったころからの恋心。

出会った時からの独占欲、、、