無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

41
2021/08/01

第7話

ウサギさん6
今日は雨が降りました、、、。

「わぁ!びちょぬれだぁ!!」

ウサギさんが、、、風邪ひいちゃう、、、泣

ーーーーーーーーーーーーーーー
黄サイド

「すっごい雨でしたね、、、、」

「うん、無事帰ってこれて良かった、、、」

そう言葉をこぼすウサギさんの方を見てみる

髪はしっとり濡れていて、

肌を伝う雨の水、

びっしょり濡れた服。

ん!?ウサギさんえちぃ過ぎない、、?

てか風邪引いちゃう、、、

「こ、ころちゃん、お風呂入りましょう、?」

そうゆうとウサギさんは

「そうだね、風邪ひいちゃうし、、、



あ、一緒に入ろう!!」

なんてニパァっと効果音が付きそうな笑顔で言ってくる

なんなんですか、、、この天使は、、、

、、、、あ

そう言えばお風呂二個あった、、、

そう、この家にはお風呂が二個あるのだ

一階に一つ

四階に一つ。

「ころちゃん、僕は一階のお風呂入るので、、、」

「んぅ、、、だって、外の景色が見える方がいいじゃん!!」

そうウサギさんが呟く

それはそうなのだが、、、

「そ、そりゃあ、ガラス越しで外の景色が見えるのはいいですけど、、、」

ウサギさんと一緒に入ったら僕なにしでかすかわからないですし、、、

「じゃあ、いいじゃん!一緒に入ろうよー!」

なんてウサギさんは可愛いく言ってくる

く、、、、入りたい、、、、泣

でも、、、泣

「僕と入るのはや、だ?」

なんてとても悲しい顔で言ってきたので結局入ることとなりました、、、

ウサギさん可愛い過ぎるんですよ!!!

んふふ、何故かウサギさんはそう零すと僕にこう問いて来た

「るぅちゃんに問題です!!!









僕はどうしてこんなにも一緒に入りたかったと思いますか!」



え、なんでだろう、、、、







青(昔、









一緒に良く遊んで汚れて入っていたことを思い出したからだよ、るぅちゃん_______)