第69話

 付箋 
4,674
2022/11/02 09:00




 ME 
 懐かしいな … , ㅎ 




   今でも取っておいてある ,

   昔使っていた手帳 .




   その手帳に日記を書くようにしていて

   今日は誰と話したとか

   今日は何を練習したとか

   今日は誰とぶつかったとか



   色んなことを記入してある .




   見ると苦い思い出も蘇るけれど

   それがないと今がないのだと思えば

   甘い思い出なのかもしれない .




 ME 
 この付箋 , 誰がくれてたんだろう 




   あの時から謎だったこの付箋 .

   貰った付箋は全てこの日記に ,

   あれからずっと貼って取っておいてある .


   今の今まで本当に誰だかわからないまま

   デビューして , ありがたくも売れて


   なんてことが起きている .





   … お礼 ,言いたいのにな





 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 なーにみてんの 
 ME 
 手帳 ~ 
 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 手帳? 




   後ろから突然やってきたハニが

   覗き込むようにしてそう声をかける .




 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 うわ …
 " ジョンハンさんに怒鳴られた " 
 って書いてあるし …
 ME 
 ふふっ , 懐かしいでしょ ~ 
 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 … 思い出したくもない 




   うぇ ~ , と苦虫を噛み潰したような声を

   出すハニについ笑みがこぼれる .




   確かに思い出したら嫌な思い出だけど

   私はとても大切な思い出だと思う .




 S.COUPS 
 S.COUPS 
 2人で何してんだよ ~ 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 僕達も入れて ~ 




   私たちが手帳を見ているところに

   お馴染みのふたりがやってくる .



   この同い年メンツがいたから

   ここまでやりきってこれたって言うのも

   ひとつのことなんだろうな .




 S.COUPS 
 S.COUPS 
 あ , これ見た事あるわ俺 
 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 あぁ , 付箋? 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 付箋? 




   そう言ってスンチョルが手に取った付箋 .



   何かと気分が落ちている時に貰っていて

   励ましだったのにも関わらず

   ある日からパタンと途絶えちゃって


   久しぶりに送られてきたのが

   ホシと話せるようになった時の

   ものだったんだよね



   それが最後だったんだけど .





 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 めっちゃあるじゃん , !! すご … 
 S.COUPS 
 S.COUPS 
 これなんだったの? 
 ME 
 私が苦しい時とかに
 飲み物とかと置いてあったんだ 
 ME 
 すごく気持ちが楽になって
 めちゃくちゃ嬉しかったの 




   スンチョルの質問に対して

   ふわりと笑って答える .



   見ただけでも

   あの頃の過酷さと大変さが蘇る .


   それも全部補ってくれてたのは

   この付箋やドギョマたちだ .




 ME 
 本当はお礼言いたいんだけど 
 誰なのか分からなくて , ㅎ 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 … 別にいいんじゃない? 
 言わなくても 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 きっともう伝わってるよ 
 ME 
 そうかなぁ … 何も返せてないのに 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 さぁ , それはどうだろうね , 





   本人にしか分からないから , と返すシュア




   励ましてくれてたってことは

   私の事を応援してくれてたのだろう .



   私が今こうしてテレビとかメディアに

   映っているのを見て

   笑ってくれてるだろうか .



   この活動がこの人への恩返しにも

   なっていればいいんだけど …




 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 しっかしな ~ !! こんなのチマチマ 
 送ってくるなんてキモイなー!!
 S.COUPS 
 S.COUPS 
 おいお前 … ㅎ 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 は … ? 可愛いもんでしょ ,  
 ストーカーとかより何倍も 
 ME 
 ふふっ , 嬉しかったからいーの! 
 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 はいはい 





   パタン , と思い出の手帳を閉じて

   すっと立ち上がる .




   後ろに横並びに立つ3人は

   昔と変わっているようで

   あまり変わっていなくて

   つい笑みがこぼれてしまう .





   
 ME 
 みんな ,ありがとうね 
 S.COUPS 
 S.COUPS 
 なんだよ急に ~  !! 
 ME 
 なんか言いたくなったの! ㅎ 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 可愛い ㅎ 
 JEONGHAN 
 JEONGHAN 
 もっと感謝しろ ~ 
 JOSHUA 
 JOSHUA 
 ホント素直じゃないんだから 




   楽しそうな笑い声が宿舎の部屋に反響する .



   そんな声につられて

   メンバーたちがぞろぞろと揃い出す .




   私の周りに13人の男の子 .




   最初に入った練習室に居た皆とは

   打って変わった表情の彼らが

   今そこにいて , 私の仲間であることに



   物凄い感動を , 今更ながらに実感した .





   普通に生活していたら

   繋がらなかったはずの縁だから ,


   これからも大切にしていきたい .




   なんて 変な願い事を心で唱えて

   みんなに " ご飯を食べよう " と


   ごく普通の呼び掛けをした .




   それに応えてくれたみんなの笑顔は

   宝物のように輝いていた .






プリ小説オーディオドラマ