無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

507
2020/05/01

第11話

『椿原駿』 ②
百合園 香織
百合園 香織
駿君‼
 そう叫んで、扉を開いた。

 その先に広がっていた光景は……一言で言うと悲惨だった。まるでゴミ屋敷とでもいえばいいのだろうか。ごみは散らかっているし、タンスの中はひっくり返っているし、物はそこら中で壊れている。それに、駿君の手は真っ赤で、腕からは血を流していた。多分、暴れている拍子に怪我でもしたんだと思う。
椿原 駿
椿原 駿
あ……なんだ、香織さんか。煌にいか翔にいかと思った
 そう言いながら振り返った駿君は……笑顔だった。だけど、笑顔だけど、笑みはぎこちなくて。まるで泣いているみたいだった。だから、笑いながら泣いているんだ、ってわかった。……なんだか、ずっと昔のあたしを見ているみたいで放っておけなかった。素直に泣けなくて、助けてほしくてもそれさえ言わなくて。ずっと笑いながら、心配をかけまいと誰にも話さずに一人で泣いていた。そんな、昔のあたしみたいに。
百合園 香織
百合園 香織
……もう、やめなよ。怪我してるじゃん……
 あたしはそういって駿君の腕を掴む。真っ赤に腫れ上がった腕に、切り傷の絶えなかったような腕。それは酷く悲惨なもので、見ているだけでも痛々しい。
椿原 駿
椿原 駿
……別に、俺のことなんて誰も心配しないし、止めないからいいじゃん。放っておいて
 そう言う駿君の表情は、そう信じて疑わない、そんな雰囲気だった。だけど、違う。本当は透さんは駿君のことを心配している。

 それに、きっと煌さんも、翔さんも、心配しているはずなんだ。
百合園 香織
百合園 香織
……違うよ。きっとみんな心配してるよ。だから、やめなよ
 あたしはそう言いながら、ごみの中からまだ新品のティッシュボックスを発見した。そして、それを開けて駿君の腕に流れていく血を拭く。それに、涙も拭かないと。そう思い、あたしはまた別の新しいティッシュを取って、駿君の涙を拭こうとした。なのに、涙も、血も、止まらない。
椿原 駿
椿原 駿
……心配してる? そんなの、嘘に決まってるよ。俺は、恨まれてるんだ。だっておれは……父さんと煌にいと翔にいの大切な人を、殺したんだよ……!
百合園 香織
百合園 香織
……それは、どういう――?
 そう聞こうとしたあたしの言葉は、最後まで続かなかった。なぜならば、駿君があたしの言葉を遮って、先に言葉を発したからだ。
椿原 駿
椿原 駿
ねぇ、香織さん。頼みがあるんだ……
 そういって、駿君は机の引き出しからカッターナイフを取り出して、あたしの手に無理やり握らせた。……なんだか、嫌な予感がする。だから、手から離そうとするのに、駿君の力が強くて、離すことが出来ない。

 そうして、駿君はつづけた。
椿原 駿
椿原 駿
俺を……俺を、殺して……!
 そう言っていた駿君の頬には、大粒の涙がポロポロと伝っていた……。