無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2021/05/03

第2話

初恋
遥か
遥か
あ〜!緊張した。
愛梨
愛梨
遥か、わたし出会ってしまったかも
そう。私はあの時、
あの自己紹介を聞いた瞬間に、


遥か
遥か
えええ!なになに!どゆこと!
自分でも分からない。なんでそう思ったのか、なんでそう感じたのか、

だけど




私は絶対に 葉山陸 を好きになると。

そう確信した。
キンコーンカーンコーン

先生【⠀今日の学校は終わり!!!
明日からさっそく授業が始まるからみんな忘れ物しないように!】

クラス全員:は〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!!!!


陸
海斗〜〜ー!!!一緒に帰ろうぜ
海斗
海斗
おう
陸くんと海斗くんは元々同じ小学校だったらしく仲が良いらしい。
遥か
遥か
愛梨〜!帰ろっか!
愛梨
愛梨
そだね!帰ろ!
学校から出たら真っ直ぐな道があり、そこは木がたくさんあり桜が咲いている季節の今はとっても綺麗だ。
愛梨
愛梨
わあーー!!みてみて!遥か!!!!!
桜めちゃくちゃ綺麗だよ!!!!
陸
桜好きなの???
ドキッ。
愛梨
愛梨
え、あ、あ、え、はい!!!!
陸
なんで敬語なのさ〜!!(笑)
俺、葉山陸!同じクラスだよね?よろしく!
愛梨
愛梨
もちろんです!葉山くんですよね!
陸
陸でいいよ!俺も愛梨って呼ぶから!
私の名前知ってくれてたんだ。
海斗
海斗
陸ー早く帰るぞー
陸
わりいわりい!じゃ!またあした!愛梨!
愛梨
愛梨
う、うん!ばいばい!
あいり、、愛梨って呼んでくれた。
下の名前で呼んでくれた。
陸と葉山陸と喋ることが出来た。
遥か
遥か
ごめんーー。愛梨!靴脱げちゃって、
ん??どした?
愛梨
愛梨
遥か。私、好きな人出来た。
遥か
遥か
ええええええええええええ。
小学校の時は誰をすきになるとかがよくあった。

だけどその気持ちとは全く違う。

そう私は初恋をしたのだ。