無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

️🖍
🐇side





















俺はチョン・ジョングク




















最近席替えをして隣になった「あお」ってやつと犬猿の仲だ
















目が合えば喧嘩って感じでクラスの奴らから











🚺「わ、またあなたちゃんとジョングクくん喧嘩してるよ笑」













🚹「もうあそこまで来れば名物もんだよな笑」










お前ら勝手に名物にすんじゃねぇ( ˙-˙ )
てかこのクラス名物多すぎだろ


↑その通りジョングク氏















俺のこと兎って呼ぶし…
全く読めねー🙃















でも俺はあいつの事嫌いじゃねぇ









だから、あいつには「グク」って呼んで欲しいって思った。そしたら自然と声に出ていたんだ。

















あなた「……?!」










「何照れてるんだよ」って言いたかったけど俺も恥ずかしくなって目そらしちまった。







































授業中、あいつの方に目をやると外をぼんやり眺めていた











🐇(何見てんだ…。桜か?)








何でそんな寂しそうに見るんだよ












その時ちょうど風がふいた







あいつのなびく髪、整った横顔












「綺麗」だと思った



















ニヤッ


🐇「こいつに決めた」




















俺はある事を決めた_




















NEXT_

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る