無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

️🖍
あなた「ん〜…?」


















気がつくとベッドの上だった




















カーテンでしきられた部屋
少し薬品の匂い_

もしかしてここって…





















あなた「…保健室?」




何で保健室に…?


そう思って今までの記憶をたどってみる



































あなた「あ…」












そういえば屋上のドアが開いてそれにぶつかって…



顔がヒリヒリするのはそのせいか




































それよりも気になるのはあの時見た人影

一体誰だったの?













でもどこか懐かしい感じがしたのは気のせい?



それにここまで運んできてくれた人って?

















考えれば考える程謎が深まる

心がモヤモヤする、この感じ嫌いだ



























あなた「…帰ろ」







外はもう夕暮れで外から部活動生の声がする

気になる事はいっぱいあるけどここで考えるより家でゆっくり考えたかった

















保健室を出ようとした時














コツコツ



あなた「…?」













誰かが近くを歩く音がした

それにどんどんこっちに近づいてくる



思わず布団に隠れた














あなた「誰?」



布団の隙間から近づいてくる影を見つめる























そして_




シャッ

カーテンが開けられた



































そこにいたのは















































グクだった_














































NEXT_



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る