無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第51話

️🖍
あなた「……?!」









気づいたら視界は真っ暗でグクに抱きしめられていた























あなた「…やだ、やだ!離して!」






これ以上優しくされたらもう…!

だめ、思い出しちゃいけない。戻れないの

だから_
























🐇「…大丈夫だから。ちゃんと届いてるよあなたの声」








ポンポンと私の頭をなでてくれた

優しくて暖かくて落ち着く_



















🐇「俺、あなたの事全然分かってなかった。お前がこんなに辛い思いしてる事にも気付いてやれなかった。お前を沢山泣かせた…。ホント何やってんだろ…笑」












抱きしめられていてグクの顔は見えなかったけどその声は弱々しかった









🐇「…けど約束したんだ、あいつと。あなたを守るって。もうこんな思いさせたくない…今度こそお前を救う。もうあなたを1人になんかしない」



































ギュッ

グクの抱きしめる力が少し強くなった

ほんの少し震えているのが分かった

































ああ、そうだったんだ…









辛いのは私だけじゃなかったんだね_

































グクだって辛かったんだ

それをずっと1人で抱え込んで…












そう思うと胸が張り裂けそうになる




















あなた「グク…」






























NEXT_







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る