無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

️🖍
は、え、私がモデル…?




何で私?








突然の事だから思考が追いつかない
















あなた「モ…モデル…?私が?」







🐇「そ、俺の絵のモデルになってくれよ」








あなた「何で私が兎の絵のモデルなの?てか、あんた絵描いたりするの?」












すると、兎はきょとんとした顔で私を見た











🐇「え、お前…もしかして知らないの?」







あなた「何を?」















🐇「玄関のとこに絵が飾ってあるだろ?」














そう言えば、立派な額縁に絵が入ってたっけ。私にはモノクロにしか見えないから全然気にかけた事がなかった。











🐇「あれ俺が描いた絵」








そう言って兎はニカッと笑った













あなた「へぇ…。何か意外。兎に絵の才能があったなんて」













🐇「失礼だな、お前。外見で判断すんなよ笑 で、なってくれる?」




































私は兎に冷たい視線を浴びせながら言った


























あなた「…嫌よ」
















NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る