無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

️🖍
その日から毎日学校に残ってグクが描く絵のお手伝いをした












グクが絵を描く場所は決まって放課後の教室



2人だけのせいか教室がいつもより広く見える















🐇「…あなた。もう少しこっち」


あなた「わ…分かった」


🐇「そのまま」
















なんてしばらく見つめられるから余計に恥ずかしい









そんな私とはうらはらに絵を描く手を止めないグク





授業中とは大違い←











でもホントに楽しそうに描くな…





「良いな」なんて思ったりする































何よりこの時間は嫌いじゃない


























むしろ少し楽しかったりする








































ん?
































楽しい_?





















NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る