無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

️🖍
次の日_



















🐧「あなた〜!おはよ!」












あなた「おはよ、ミナ」



















軽い挨拶をして教室に入る





















今日もいつも通りの学校生活が始まる
色のない生活が始まるんだ



























授業中_













👓「〜は〜で…」

















あなた(はぁ、退屈だな)
















そう思いながら外を見る










外には桜の木が葉っぱを揺らしてたっていた
















あなた「桜…か」









色が見えない私には分からないけど、きっと綺麗なんだろうな…










1度で良いから見てみたいなんて変に希望をもってしまう





















その時






「おい」












隣から声がした




振りかえるとチョン・ジョングク…いや兎がこっちを見ていた

















あなた「…なに?」








授業中こいつが起きてるなんて珍しいから少しビックリした














「昨日の…何なんだよ。俺のこと兎って」























あなた「ああ…だってホントの事だもん」
















🐇「俺のどこが兎なんだよ!!」















あなた「全部」

















👓「こら!そこうるさいぞ!」










ほら、先生に怒られた


















あなた「兎のせいだ…」













隣を睨むと兎はそっぽを向いていて机に突っ伏していた




















こいつ😇



















そう思っていた時、兎が髪をクシャッとしながらこっちを向いた












ボソッ





🐇「…せめてグクって呼べよ…」




















あなた「……?!」


















私が声をかけようとするとまたそっぽを向いた






















耳赤くしちゃってさ
なに照れてんの…























とか言う私も少し照れていたのは秘密_
























NEXT_

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る