無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

️🖍
一瞬兎がビックリしたような顔をした















🐇「え…何で…」







あなた「悪いけどそういうの無理だから。ごめんね…」
















そう言い残すと私は逃げるように教室から出て行った














🐇「あ…」







兎が何か言いかけたみたいだけど構わずその場から逃げた












































兎に悪いことしちゃったな…。
けど、<絵>なんて色彩障害の私には何より辛いの。
学校に飾られるような絵を描く兎には分からないよね…。






















気づけば外は暗くなっていておぼつかない足取りで家まで帰った
























NEXT_

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る