無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

️🖍
次の日_
















🐧「あ!あなた〜!」





あなた「やっほ、ミナ」












いつも通り軽く挨拶をして教室に入ろうとした



















🐧「あなた…。もしかして何かあった…?」








こういう時のミナの勘は鋭い
私はやっぱり昨日の兎の事が気になっていた



















あなた「ううん、いつも通りだよ」





なんて精一杯の作り笑いを浮かべる
ミナに心配かけたくない_


















🐧「…あなた。そんな作り笑いで私を誤魔化せるって思った?笑」





🐧「何年あなたと一緒にいると思ってるの笑」










やっぱりミナには敵わないな…笑













あなた「ごめん…」







🐧「全部話せるわけじゃないと思うけどあなたが辛そうにしてるのは私も辛い。少しは頼ってよ、話いくらでも聞くから」






あなた「うん、ありがとう」





















私はミナに昨日の事を話した



























🐧「…それはあなたにとって辛い事だね。
けど、ジョングクくん何であなたを描きたいって言ったの?」








あなた「それは…」


















そういえば理由も聞かずに教室飛び出してきちゃったな















🐧「ジョングクくんともう1回話してみなよ。それであなたが嫌だったら私からも言ってみる!」








あなた「うん…!ありがとう、ミナ」


























ちゃんと兎と話をしよう























NEXT_


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る