無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

️🖍
グクが絵を描き出して何日かたった




相変わらずあの真剣な眼差しで私を見て絵を描いている



















そんな中、私はグクに聞きたい事があった


















あなた「ねぇ、グク」


🐇「ん…。何…?」










よほど集中しているのか返事が何とも曖昧だ




















あなた「“綺麗”ってどんな感じ?」





そう、色が分からない私は綺麗がどんなものか分からなかった




















🐇「……」



無言のままグクは筆を止めた












あなた「あ…。良いよ、作業続けt…」


🐇「俺が思う“綺麗“ってのは感動するもんなんだ。息をするのを忘れてしまうほど。何かブワッで自分の中で世界が変わる感じ。」




あなた「ふ〜ん…」





🐇「“綺麗”の感じ方なんて人それぞれだよ。」







グクは少し口角を上げて笑った





























私もそういうのに出会えたら良いな_


















NEXT_





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちごあめ
いちごあめ
よろしくお願いします
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る