無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

9
2021/08/13

第6話

女子扱い
そんなこんなで、あたしと成瀬が一緒にコンビニに行くことになった。
成瀬
成瀬
コンビニってどの辺にあるの?
果子
果子
そこの角曲がって道渡ったとこ
結構近いっしょ?
成瀬
成瀬
近いね
…成瀬が笑った。
果子
果子
…成瀬が笑ったの初めて見たかも
成瀬
成瀬
え、そう?
無愛想にしてるつもりないけど
果子
果子
なんて言うか…いつも恥ずかしいこととかも澄ました顔で言うからさ、表情ないと思ってた笑
成瀬
成瀬
?恥ずかしいこと?
果子
果子
その…可愛いとか
成瀬
成瀬
え、内心結構恥ずかしいんだけどな
果子
果子
嘘だぁ〜笑
さっきも彩菜に可愛いって言ってたじゃん!
成瀬
成瀬
え…あれは松谷にっていうか服に対しての話だったんだけど
果子
果子
…え、そうなの⁉︎
てっきり、成瀬と彩菜ラブラブしてんのかと思った…
成瀬
成瀬
それに、可愛いなら岩坂にも言ってるじゃん
果子
果子
え⁉︎…いや、あれはその場しのぎのお世辞だったじゃん!
成瀬
成瀬
いや、本当に可愛いと思ったから言った
果子
果子
!な…⁉︎
だから真顔でそんなこと言うなって!
本当調子狂う…
成瀬
成瀬
…そういえばさ、岩坂と稲森ってめちゃくちゃ仲良いけど、いつから仲良いの?
果子
果子
確か小3くらい?
ケースケが転校してきて、元々あたしと彩菜が一緒だったとこに入った感じ
昔は彩菜も一緒に野球とかしてたんだけどな笑
成瀬
成瀬
へぇ、今落ち着いてるから意外
あ…っ!
これ言わない方が良かったか…?
彩菜、成瀬のこと好きっぽいし。
果子
果子
!で、でも中学になっておしゃれとか意識するようになってさ!
そこからは彩菜は全然野球しなくなったんだよ!
成瀬
成瀬
…じゃあその時からは稲森と二人で?
果子
果子
まー基本はね!
たまに他の男子とかと遊んだりはしたけどいつも一緒だったのはケースケくらいだな
成瀬
成瀬
…へぇ
何故か成瀬の声のトーンが低くなった。
なんか駄目なこと言ったか?あたし
まいっか。
果子
果子
…あ、着いた、ここだよ
道を渡ってコンビニに入る。
果子
果子
んでレモンティーと何だっけ
成瀬
成瀬
稲森が確かス○ラッシュ
果子
果子
あーそうそう!
成瀬はどうする?
成瀬
成瀬
俺一本も要らないな
誰かのちょっと貰お
果子
果子
んーそうか
じゃあたしはサイダーにしよ〜
成瀬
成瀬
あ、なら後でちょっとちょーだい
果子
果子
あーうん、いいよ
サイダー好きなんだ
成瀬
成瀬
うん、俺炭酸はサイダー以外飲めない
果子
果子
え、何それ笑
そんなことを話しながら買う。
袋が貰えなかったので、成瀬が2本、あたしが1本持って帰ることになった。
果子
果子
もージュースくらい持てるのに
成瀬
成瀬
いーのいーの
果子
果子
…成瀬ってさ、なんでそんなに女子に優し…
成瀬
成瀬
!岩坂危ない!
果子
果子
っ⁉︎
成瀬がジュースを持った手であたしを抱き寄せる。
目の前を車が猛スピードで走っていった。
成瀬
成瀬
…っ、危なかった…
岩坂大丈夫?
果子
果子
…だ、大丈夫…
何これ…今まで以上にドキドキしてる…
急に車が来てびっくりした…だけだよな?