第24話

twenty-three
54
2022/05/25 13:42
東雲 黎離しののめ れいり
15年前、東雲家の次男として産まれた。
霧矢が産まれて、ニ年後の出来事だ。
霧矢を産んだ後、病弱な母は死んでしまった。
その後、父は再び結婚をする。
そして産まれたのが黎離だ。




強い兵士を作りたかったのだろう。
だが、黎離は出来が悪かった。
病弱、などではない。
才能がないのだ。
それでも、それでも黎離は努力をした。
親に認めてもらえるように。
兄の役に立てるように。
睡眠時間も自由時間も削った。
だがやはり、才能というのは大事らしい。


色々なものを削ったというのに、黎離は認められなかった。
実力もない上に気弱。
それを見た父は黎離は役に立たないと思い、幼かったにも関わらず、捨てた。



あぁ、なんで忘れてたんだろう。




黎離
黎離
ぁ…ぁ…
気がつくと頬を涙が伝っていた。
黎離
黎離
(なんで、なんで泣いてるんだ?)
今まで、泣いたことなんてなかったのに。
東雲 霧矢
東雲 霧矢
昔から大分変わっているようだが__
東雲 霧矢
東雲 霧矢
…元気そうで、よかった。
顔を上げると、すぐ近くに霧矢がいた。
思い出している間に近付いていたのだろう。気が付かなかった。
黎離
黎離
(あぁ…そうだった、な)
周りから白い目で見られていても、霧矢兄は、霧矢兄“だけ”は優しかった。
…親の監視がないときだけだったけれど、それだけでもボクは救われていた。
黎離
黎離
兄さんも…元気そうで良かった。
東雲 霧矢
東雲 霧矢
まさか、兄弟で別の国の王をやってたとはな。知ったときは驚いたよ。
それを言われて思い出す。
目の前の兄が、敵国の王だということを。
でも、今だけは。
東雲 霧矢
東雲 霧矢
まだ幼かった頃に捨てられたからな…。もしかしたら死んでしまっているんじゃないかとずっと思っていた。
それはそうだ。拾われたのは偶然なんだから。
黎離
黎離
偶然、だったけど、なん、とか。
涙って、視界の邪魔をしてくる…んだな。
目の前がよく見えない。



一旦涙を拭いて気がつく。
東雲 霧矢
東雲 霧矢
…泣くって、こういう感じ、なんだな。
霧矢も泣いていることに。
発言から考えて、霧矢も多分初めて泣いたのだろう。
黎離
黎離
(はは、似ているのが…兄弟っぽくて落ち着く、な。)
東雲 霧矢
東雲 霧矢
(あれから黎離は大分変わってしまっているが、やっぱり俺と黎離は兄弟なんだ。)




東雲 霧矢
東雲 霧矢
少し、少し、だけ。
東雲 霧矢
東雲 霧矢
思い出話をし合おう。
涙で濡れた顔で笑いながら言う。
それに黎離は。
黎離
黎離
あれからあと国がどうなったかとか、聞きたいことは…沢山ある。

今だけは許されるはずだ。
だって、今だけは_____







ただの、兄弟なのだから。






NEXT▷▶

プリ小説オーディオドラマ