無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

529
2022/07/03 09:00





翔太「お風呂入る?」

あなた「先に入っていい?」

翔太「いいよ」

翔太「一人で入れる?」

あなた「んー、」

翔太「髪の毛とか洗おうか?」

翔太「腕あがらないでしょ」

あなた「でも恥ずかしい」

翔太「タオルで隠してればいいじゃん」

あなた「確かに」

翔太「よし、入ろ」

あなた「うん」

翔太「タオル巻き終わったら呼んで」

あなた「わかった」







あなた「翔太ー!準備できたよ!」

翔太「はーい」




ガチャッ

翔太「おまたせ」

あなた「うん」

翔太「めっちゃ色白だね」

あなた「そう?」

翔太「うん」

あなた「恥ずかしいからそんなに見ないでよ」

翔太「あ、ごめん」

翔太「あなたってスタイルいいよね」

あなた「なに急に」

翔太「いや、なんかあなたの身体初めて見たからさ」

あなた「確かにそうだね」

翔太「あとはそのタオル巻かれてる部分だけか」

あなた「は?!」

翔太「そんな驚く?」

あなた「急にそんなこと言ったら驚くでしょ」

翔太「顔真っ赤じゃん笑」

あなた「うるさいな笑」

翔太「はいはい笑」

翔太「身体も洗ってあげようか?」

あなた「遠慮しとく」

翔太「わかったー」

翔太「俺が洗って髪の毛傷んでも文句言うなよ」

あなた「言わないよ笑」

あなた「え、そんなに洗い方下手くそなの?笑」

翔太「下手くそではないかな笑」

翔太「あなたよりは下手だけど」

あなた「確かに私髪の毛洗うの上手いよ」

翔太「まじ?」

あなた「うん」

翔太「だからそんなに髪の毛綺麗なんだ」

あなた「綺麗?」

翔太「めっちゃ綺麗」

あなた「嬉しいわ」

翔太「俺の髪の毛も綺麗にしてよ」

あなた「えー?翔太の髪の毛傷んでないじゃん」

翔太「そう?」

あなた「うん」

翔太「でも洗ってほしい」

あなた「わかったわかった」

翔太「はい、髪の毛洗い終わったよ」

あなた「ありがとう!」

あなた「ほんとに助かった!」

翔太「じゃあ俺出るね」

あなた「うん!」

翔太「腕痛くて身体洗えなかったら呼んでね〜」

あなた「はいはい笑」








あなた「お風呂終わりましたー」

翔太「体調はどう?」

あなた「ゼリー食べてから調子いいかも」

翔太「ならよかったわ」

翔太「髪の毛乾かそうか?」

あなた「いいの?」

翔太「うん」

あなた「お願いします!」