第55話

決戦
708
2020/02/01 03:00
モトキの家に着く
〘ピンポーン〙
インターホンを鳴らす
モトキのお母さん
あら、いらっしゃい
あなた

おばさん、これ、お母さんが渡してって言ってたので…

モトキのお母さん
そうなの?わざわざありがとね〜
せっかくだしあがっていく?
陽詩
陽詩
え、こんな大人数いいんですか?
モトキのお母さん
もちろん!
シルク
シルク
ありがとうございます!!
モトキの家に入る
モトキのお母さん
モトキなら部屋にいるけど、呼んだほうがいい?
あなた

大丈夫です、自分たちで行くんで

モトキのお母さん
そう、それじゃあゆっくりしてってね〜
陽詩
陽詩
ほんとにありがとうございます
モトキの部屋につく
陽詩がドアを開ける
あなた

ちょ、陽詩…ノック…

部屋の中を見ると海愛がモトキにキスをしようとしていた
モトキ
モトキ
み、みんな!?な、なんで!?
海愛
海愛
あ!陽詩ちゃんもシルクくんもマサイくんもいる!優愛ちゃんも由美ちゃんも!
陽詩
陽詩
あんた、何様のつもり?あなたに全部聞いた
海愛
海愛
海愛様ですけど?
由美
由美
自分に様付けとかキモ
海愛
海愛
どこが?わけわかんない
優杏
優杏
ただの馬鹿じゃん
モトキのお母さん
モトキー?お母さん、晩ご飯の食材買ってくるねー
モトキ
モトキ
おう、分かった
マサイ
マサイ
お前、どういうつもりだよ
海愛
海愛
モトキくんは私の彼氏だから、一生。誰が何言おうと付き合い続けるよ?やっと手に入ったんだし
陽詩
陽詩
何それ、てか今、キスしようとしてたよね?
海愛
海愛
別に、いつでもできるけど?
海愛がモトキにキスする
あなた

え…?なんで…?

マサイ
マサイ
あなた…
あなた

普通に女の子とキスするんだ、それなら誰にでも告白くらいしてるよね?

モトキ
モトキ
いや…
海愛
海愛
そんなわけないじゃんwモトキくんはそんな人じゃないよ?あなたちゃんが遊ばれてただけじゃない?w
マサイ
マサイ
お前…モトキ、いい加減しろよ!
マサイがモトキの襟をつかむ
マサイ
マサイ
あなたのこと本気なんじゃねぇのかよ!
モトキ
モトキ
だから、これには理由があって…
マサイ
マサイ
んなの関係ねぇだろ!なんで本当に好きな人を傷つけんだよ!
モトキ
モトキ
俺だって傷つけたくて傷つけてんじゃねぇよ!
陽詩
陽詩
じゃあなんで、その時あなたを無理やり奪え返さなかったの?
モトキ
モトキ
それは…
海愛
海愛
モトキくん、もともと海愛のこと好きだったんだ〜
陽詩
陽詩
あんたは黙って
シルク
シルク
お前、空手できるだろ?
モトキ
モトキ
できるけど…怖かったんだよ。あなたが刺されたりしたらどうしようって
シルク
シルク
それを防ぐためにお前がいんだろ?
モトキ
モトキ
けど…怖いもんは怖いんだよ、分かってくれ…
マサイ
マサイ
ちっ、もうこいつ、話にならねぇ。あなた、帰るぞ
あなた

うん…

                  マサイを追いかける
陽詩
陽詩
もう私達も帰るわ
モトキ
モトキ
お、おい…
みんなモトキの家から出る
あなた

モトキ、なんであの時避けなかったのかな

マサイ
マサイ
ん?あの時って?
あなた

キスされた時

マサイ
マサイ
だよな、俺も思った
あなた

せっかく告白してくれたから気持ち確かめようと思って遊ぼうとしてたのに…

マサイ
マサイ
それなら、俺と遊ぼうぜ
あなた

え?

マサイ
マサイ
今日はもう気分上がんねぇから帰るけど明日とか
あなた

分かった!遊ぼ!あ、もうここまででいいよ?

マサイ
マサイ
いや、家まで送ってくよ
あなた

けど…

マサイ
マサイ
どうした?
あなた

モトキが送ってくれると思ってるから、お母さん

マサイ
マサイ
そっか、じゃあ俺、見送ったらすぐ帰るわ
あなた

そっか、ありがとう

マサイ
マサイ
いいよ、全然
あなた

マサイと付き合った方が幸せになれるのかな…

マサイ
マサイ
なんだよ急にw
あなた

あ、ごめん…///

マサイ
マサイ
んじゃ、また明日な!
あなた

うん!またね〜

 
                       家に帰る
あなた

ただいま〜

お母さん
お帰り〜、楽しかった?
あなた

うん…

お母さん
あれ、もう部屋行くの?あなたの好きな番組やってるよ?
あなた

ごめん、今気分じゃない

お母さん
そっか…
                   自分の部屋に行く

プリ小説オーディオドラマ