無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

日常、、?
今事件が発生した





私のお酒が無い





絶対そらじゃん





、、、あれ、8%なんだけど





_そらるの部屋_





『そら、私のお酒は』



そらる「ん??」



『、、、飲んだのかよ』



そらる「美味しいよ?」



『良かったね』





ん?あれ、おかしいな





パソコン画面にチャット欄映ってる、、、(棒)





『、、ごめん、放送中だったの知らんかった、ミュートは?』



そらる「ん〜、、してなかった〜」




リ[誰?!]

リ[女性?]

リ[え?!彼女?!]

リ[嘘でしょ、、、(´;ω;`)]




『あ〜、、、どうも妹です』



そらる「そ〜そ〜、俺の可愛い妹」



『、、、まぁはい、、可愛い妹です(棒)』




リ[妹かぁ、、良かったw]

リ[なんか棒読みだったようなw]

リ[そらるさん酔ってて可愛いw]




『そら、、兄が酔ってるのは私のお酒飲んだからですね、、後で二時間だな




リ[お酒強いんですか?てかそらるさん寝ました?w]

リ[なんか最後に二時間って聞こえた気がするw]




『お酒没収な、よく見たら3%2缶飲み終わってんじゃん、、、バカなの?』



そらる「、、スゥ、、、スゥ、、」



『、、、寝たんで放送切らせてもらっていいですか』




リ[いいですよ〜]

リ[寝ちゃったんだw]

リ[了解です!おやすみなさい!]




『は〜いでは、また兄の放送見てやって下さい、バイバイ』



そらる「ん〜、、、」



『は、ちょ離せ』




ポチッ





『抱きつくな、、離せ、、クソほんとに寝てんのかよ、、、力強っ』



そらる「あなた〜、、、、ムニャムニャ」



『っ〜〜///もう!誰かに助けを、、スマホ、、そらの使お』




適当な人にLINE電話をかけた




??{もしもし?}




☆さてどなたでしょうね
___next→