無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

軽すぎる
朝ごはんの時だった


あなた

ごちそうさまでした!

宇髄    天元
宇髄 天元
お前やばくねぇか?
あなた

何が?

宇髄    天元
宇髄 天元
ご飯普通の茶碗の半分ってw
不死川    実弥
不死川 実弥
そうだよォ!
あなた

朝ってこんなもんでしょ?

冨岡    義勇
冨岡 義勇
お前の場合昼や夜もこんなもんだろ
あなた

Σ:(;゙゚'ω゚'):ギクッ!

伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
任務の時に倒れたするなよ。迷惑だネチネチ
あなた

大丈夫だよ。普通にお腹いっぱいになれてるし

伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
ヒョイッ(あなたを持ち上げる)
伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
軽すぎる。体重何キロだ
宇髄    天元
宇髄 天元
派手に直球だなw
あなた

18kgくらいだと思う

不死川    実弥
不死川 実弥
もっとくぇ!
冨岡    義勇
冨岡 義勇
そうだぞ
伊黒    小芭内
伊黒 小芭内
飯屋行くぞ
あなた

えっちょっと待ってお腹いっぱいなんだけど



その後ご飯をみんなに食べさせられたらしいです